新アルバム
New album

JalanJalan
:新しいアルバムがまもなく出るって聞いたんだけど?
JalanJalan : I heard you are going to release new album soon?

Zainal
:そう。新しいアルバムは6月から10月の間にリリースする予定だよ。今ちょうど作ってるところなんだ。
Zainal : Oh yes. My next album will be released between June and October, I'm working on it now.

JalanJalan
:新しいアルバムにはどんな音楽が入ってるの?
JalanJalan : So what kind of music are you going to put in your new album?

Zainal
:新しいアルバムのアイデンティティ、特徴は"Gamal"とか"Hijau"のアルバムを聞いたときと同じなんだ。ただ違うのはアーティストの成熟度かな。10年前は違う経験をして、歌う時のエネルギーもまるで違っていた。そしてアーティストもずっと年を取って、たぶん経験のおかげで、ずっと成熟した。歌詞もずっと成熟してるし、価値がある。アプローチも経験を積んだアプローチになっていて、かなり違ってる。とても心地よい、そしてとても違ったものだ。でもやっぱりファンキーだけどね。ファンキー。そうファンキー。僕は年を取ったことを受け入れるのを拒否してるから(笑)、ファンキーじゃないと駄目なんだ。
Zainal : The identity, character of new album is same like when you hear "Gamal", or you hear "Hijau" album. The only thing that you can hear the difference is the maturity of the artist. 10 years ago, you have different experience, different way of energy to sing. And now the artist is much older then, maybe with experience, more matured. The lyrics will be more matured, more valuable, and the approach will be very experienced kind of approach, very different. It's gonna be very present, very different But still funky. Funky. Funky. Because I refuse to be old. (laugh) So you have to be funky.

JalanJalan
:歌詞は誰が書くの?
JalanJalan : Who's gonna make lyrics for you?

Zainal
:今のところは自分で書いてる。Lifeについて歌ってるんだ。ラブソングもあるよ。でも女の子と男の子の愛は、歌ってる人がたくさんい過ぎるから、君とお父さんの間の愛、犬との愛、木との愛、隣人との愛、そんな愛なんだ。君と神とか。
Zainal : At a moment, I do my own lyrics. The lyrics talk about life. There's a love song. But love between girl and boy, There are too many people sing. So it's love between you and your father. You and your dogs. You and your trees. You and your neighbors. So that kind of love. You and God.

JalanJalan
:曲も全部作ってるの?
JalanJalan : So all the songs are written by you?

Zainal
:僕とMac Chewだね。他の作曲家の曲も探してるんだ。有名な作曲家じゃなくて、まだ世の中に知られてない作曲家の。若い、新しい人たちが出てくる場所を与えてあげたいんだ。僕達が彼らにドアを開いてあげないと、僕らみたいな人間だけが彼らを世に出すことができるんだから。もし僕らがドアを閉ざしてしまったら、彼らに道はないから。
Zainal : By me and by Mac Chew also. But I'm looking for other songs from other songwriters. But not the established songwriters. I'm looking for the unknown songwriters. I want to give space. to young ones, to the new ones to come out. Because only the people like us can bring them out if you open the door for them. But if you close, they have no way.

JalanJalan
:歌詞を作る時はどうやってインピレーションを得るの?
JalanJalan : When you make lyrics how you get inspiration?

Zainal
:これはクリエイティブな作業だからね。しようとして5時間とか6時間とか座ってても、脳からは何も出てこない。突然出てくるんだ。だからいつでもスタンバイしてなくちゃいけない。例えば君と話してるときに、リズムが出てくるかも知れない。そしたらすぐ中に入って、今頭の中にあるものを書き付けるんだ。そうやって出てくるんだよ。トイレにいるときに出てくる言だってある。だから僕の家のトイレにはペンと紙が用意してあるんだよ。突然出てきたりするからね。オフィスにいるときだってあるし、運転してるときだってある。運転してるときもペンと紙は用意してあるんだよ。で書き付けるんだ。2ラインだけしか浮かばないことだって。ある。2ラインだけ。でもこの2ラインが、後で一曲になることもあるんだ。
Zainal : This is creative work. When you want to do something like this, you sit down for 5 hours, 6 hours, there's nothing come out from the brain. It's just happen. That's why I have to be standby all the times. Sometimes by talking to you, I have some rhythm inside me. So immediately I have to go inside, and write what I have in my mind. So it comes that way. It can be in toilet also sometimes. That's why in my house, in toilet I have pen and paper. Because sometimes they just come. Sometimes in the office, sometimes while I'm driving, I have pen and papers when I'm driving. So I just write down. Sometimes it comes just 2 lines. Just 2 lines. But 2 lines become one whole song.

Zainal
:でも歌詞を作るのはほんとは結構簡単なんだよ。例えば海について書きたいとする。そしたら海の周りに何があるのか見なくちゃいけない。そうして見たときに、そこには空があるよね。でしょ?それとも魚かもしれない、ボートかも、椰子の木、風かも。みんな繋がってるんだ。僕はそうやって歌詞を作るんだよ。だから最初は2ラインしか出てこなくても、それで曲を作ることができるんだ。
Zainal : And it's quite easy to write lyrics actually. For example, if you want to talk about the sea, you must look what is around the sea. When you see, there must be sky, right? That might be fish, that might be boat, that might be a coconut tree, that's might be wind. So they are all connected. That's how I write lyrics. So sometimes I just need 2 lines to break it out.

JalanJalan
Zainalの歌は歌詞を先に作るの?それとも曲?
JalanJalan : For your songs, does lyrics comes first, then songs....?

Zainal
:場合によるね。曲が先に来て、歌詞をつける場合もあるし、歌詞が先にあって、曲をつける場合もある。そのときによって違うね。アイデアは必ずしも同じように出てくるわけじゃないし。マネージャーと喧嘩することで、歌詞が出てくることだってあるよ。すごいいい歌詞になることだってね。(笑)
Zainal : It depends. Sometimes the music come first, then lyrics. Some cases, lyrics come first and then the music. Depends. Idea doesn't come in the same way. Sometimes fighting with manager also can make lyrics out of it. Can be a very good lyrics sometimes. (laugh)

JalanJalan
:アルバムのタイトルは決まってるの?
JalanJalan : Did you decide title of the album?

Zainal
"Putra"だよ。"Putra"はプリンスって意味なんだ。
Zainal : "Putra" yes, "Putra" is prince.

JalanJalan
:なんで"Putra"って名前にしたの?
JalanJalan : Why did you name it "Putra"?

Zainal
:なぜかっていうと僕はずーっとプリンスになりたかったから。でもそういう血統じゃないし。僕にできることと言えばアルバムの中で"プリンス"になることだけだからね。でもそれで十分さ。みんな僕のことをプリンスって呼ぶようになるから。(笑)
Zainal : Because I always want to be the prince. But I don't have the blood. So the only thing that I can be is being the "Prince" in the album. And that's good enough. Because people will call me prince. (laugh)

JalanJalan
:ほんと???
JalanJalan : Honto (really)???

Zainal
:ほんと!
Zainal : Yes!

JalanJalan
:ほんとにプリンスになりたいからだけなの?
JalanJalan : Is that just because you want to become a prince.

Zainal
:そう。ほんとにプリンスになりたいんだ。だからこれで夢の一つがかなうってわけさ。何か問題ある?(笑)
Zainal : Yeah. I wish I'm a Prince. So by doing that, part of my dream come true. Yeah... Is it wrong? (laugh)

JalanJalan
:アルバムを通して、いつも夢を叶えるんだね。(笑)
JalanJalan : You are always making your dream come true with your albums.(laugh)

Zainal
:そうだよ。そのために脳はなんだって望むことができるんだから。僕はなりたいと思えば日本人にだってなれる。日本人のように振舞って、日本人のように食べて、日本人になれる。ただ自分の脳にそう言うだけさ。
Zainal : Yes. That's why your brain can do whatever you like. I can be Japanese if I want to. I can behave like Japanese, I can eat like Japanese, I can be Japanese. Just tell my brain.

JalanJalan
:仕事をしてないときは、何をしてるの?
JalanJalan : What do you do when you are not working?

Zainal
:僕はアウトドア派なんだ。何もすることがないときは、オフィス全員を連れてキャンプに行く。海岸でキャンプをして、魚を釣ったり。Kenyir湖にもよく行くね。ボートを借りたり。で、23日泊まって。そうやって過ごすのが好きなんだ。でも仕事をしてるようなもんだけど。そこにいるともっと色々なアイデアが浮かんでくるんだ。やっぱり働いてるんだよね。(笑)僕には「何もしない時間」ってのは実はないのかも。常に何かすることがあるんだ。
Zainal : I'm a very outdoor person. When I have nothing to do, I will take the whole office, with me, we go for camping. Camping by the beach, we go for fishing, we go for Tasik Kenyir sometimes, we rent a boat. We stay for 2, 3 nights. That's what I like to do. But for me it's like working because when I'm there, just more ideas are coming. So I'm still working. (laugh) I don't really have "nothing to do time." There's always something to do.

 
 
 
   

日本大好き
I love Japan

JalanJalan:これはJalanJalanの常連さんの一人からの質問なんだけど・・・
JalanJalan : This is actually a question from one of JalanJalan's regular member....

Zainal
:その子にここにおいでよって言ってきなよ。(笑)
Zainal : You go and ask your friend to come here. (laugh)

JalanJalan
:よくマレーシアに来る子なんだけど、残念ながら今日はいないから。(笑)彼女のZainalのすごいファンで、大阪か神戸でコンサートをやる計画はないか教えて下さいって。
JalanJalan : Actually she comes to Malaysia quite often but unfortunately she is not here today.(laugh) She's one of big fans of you. So she ask me to ask you if there' any plan to have concert in Osaka or in Kobe.

Zainal
:大阪に行ったことも、神戸に行ったこともあるよ。大阪は大好きなんだ。「儲かりまっか?」でしょ?すごいファンキーな街だよね。いい街だと思う。開放的で。今度の新しいアルバムで、日本に行くことになるかも知れない。アルバムのプロモーションに是非行きたいと思ってるんだけど。もしチャンスがあったら、大阪か神戸でパフォーマンスをするって大々的に宣伝するよ。大阪はいいよね。大阪はほんとに好きなんだ。食べ物や、人。人がクレージーで。生活がある。日本のほかの街とは全然違うと思う。
Zainal : I have been to Osaka, and I have been to Kobe. I love Osaka, because I have to "moumari makka? ("Are you making money?" in Osaka dialect) It's very funky town. You know. Osaka is good city. Very very outgoing. Maybe with the new album, I might go there again. I'm looking forward to promote my album there. If there's chance I will definitely make a big announcement of my performance in Osaka or in Kobe. But Osaka is nice. I love Osaka. Food, people. People is crazy. There are a lot of life. It's so different from the other part of Japan.

JalanJalan
:彼女もクレージーかも・・・
JalanJalan : She is also crazy....

Zainal
:大阪?
Zainal : Osaka ?

JalanJalan
:神戸。
JalanJalan : Kobe.

Zainal
:ぼちぼちでんな!
Zainal : Bochi-bochi den na! ("So-so" in Osaka dialect.)

JalanJalan
:日本には何回も行ったことがあるんだよね。
JalanJalan : You have been to Japan for quite some time.

Zainal
:うん。沖縄にも何回か行ったし、福岡、京都、大阪、山形、仙台・・・。日本に行ったツアーの時、すごい悲しい話があったんだ。マレーシア人の学生と日本人の友達がいたんだけど、日本人の友達は僕のファンで、渋谷のコンサートのためにチケットを3枚買ってたんだ。彼女は病気だった。コンサートの日、友達が彼女に電話をしたんだけど、彼女は電話に出なかった。友達が彼女の家に行ってみたら、彼女は僕のCDを聞いていたんだって。そして既に亡くなっていた。コンサートに行く準備はできてたのに。彼女の友達が後で手紙をくれたんだ。
Zainal : Yes. I went to Okinawa a few times, Fukuoka, Kyoto, Osaka, Yamagata, Sendai...There was very sad story during one of my tour in Japan. Malaysian student and a Japanese friend, Japanese friend was a very big fan of mine. She bought three tickets to go to my concert in Shibuya She was sick. On the concert day, her friend called her. She never picked up phone. Her friend went to her house. She was listening my CD. And she passed away. She was ready to go to concert. Her friend wrote me a letter.

Zainal
:でも日本のことは好きだよ。大好きだ。夏は嫌だけどね。名古屋の夏はほんとに暑いんだ。死んじゃいそうだよ。動けないんだ。名古屋では、動けないんだ。じっとしてないといけない。ちょっとでも動くと、汗だくになっちゃうんだよ。暑い。ほんとに暑いんだ。
Zainal : But I like Japan. I love Japan. But not in Summer. Summer in Nagoya is so hot. I could die in Nagoya. I cannot move. Nagoya, you don't move. You just stay. If you move you all wet. So hot. It's very hot.

JalanJalan
:住んでれば慣れるよ。18歳まで住んでたけど、私はちゃんと生きてるよ。(笑)
JalanJalan : You will be used to it. I was there for 18 years and I survived. (laugh)

Zainal
:僕は駄目だな、勘弁。名古屋は暑すぎる。冬はいいけどね。
Zainal : Oh, no,. not me. Nagoya is too hot. But winter is nice.

Zainal
:最後に日本に行ったのは1997年か1998年かな。だけど何かチャンスがあったら、また行ってみたい。公演か、それとも新しいアルバムのプロモーションでも。日本が恋しいんだ、実は。日本のファンが。僕の音楽を好きになり始めてたとこだったのに、途中で止まってしまった。経済的なバックアップがなかったからね。日本で大きなインパクトを与えようとしたら、継続的なプロモーションが必要だと僕は思うんだ。そして継続的にプロモーションをしようと思ったら、お金がたくさんいる。特に日本では安くないからね。安い方法でやる方法を知らなければ日本では安くできない。僕は日本に住んでるわけじゃないから、そんな方法は知らないし。だから途中で止まってしまった。けど今度の新しいアルバムで、またアルバムのプロモーションを日本でできればなと思ってる。日本にはもうファンがいる。それもちょっとじゃない。たくさんいるんだ。どこに行ってもフルハウス、チケットは全部売切れだったんだよ。
Zainal : My last trip there was in 1997 or 1998. But if they give me another chance, I'd like to go there again for performance, maybe to promote my new album. And I miss Japan actually, I miss the fan in Japan. They began to like my music and then it stopped half way, because of financial back up was not there. For me to create a big impact in Japan, you need sustainable promotion, and to sustain promotion, you need a lot of money to do that. And in Japan, it's not cheap to do that. It's expensive unless you know how to do it in a cheaper way. And I don't know because I don't live there. It stopped half way and I hope with this new album, we can continue again to promote the album in Japan. Because I already have fans and, it's not small, it's big. Everywhere I went, it's always full house. Tickets were sold out.

JalanJalan
:日本にはどんな印象をもってる?
JalanJalan : How 's your impression about Japan?

Zainal
:僕が日本人について尊敬することは、伝統を今でもきちんと残してることだ。文化などもきちんと残ってる。そして同時に近代化に向かってるんだ。そのコンセプトが好きなんだよ。常に近代化したいと思ってるけど、それは西洋化ではない。どれだけモダンになっても日本の要素、日本の文化はそこにあるんだ。日本人のそういうところはほんとに尊敬するね。でもここでは、世界のもう一つの場所では、何をしようかとしてるというと、近代化と同時に西洋化しようとしている。彼らは、例えばマレー人は一生懸命、髪の毛を金髪に染めたりして、白人みたいに見えるようにと努力している。でも無理なんだ。彼らのようにはなれないんだ。だって彼らじゃないんだから。アメリカ人じゃないんだから。マレー人はマレー人、日本人は日本人なんだ。そのことを誇りに思うべきだし、守っていくべきだと思う。
Zainal : OK. What I respect about Japanese is that they well kept the tradition. They well kept their culture and everything. And at the same time, they are also going for modernization. I like the concept, because they always want to be modernized but not westernized. How modern they can be but the element of Japanese, the culture of Japanese is still there. That's what I really respect about Japanese people. But here in another part of the world, what they are trying to do is to be westernized and modernized at the same time. They try to be, like the Malay works so hard, they even blond their hair, they want to look like a White. But you can't. You cannot be like them because you are not them. You are not American. If you are Malay, you are Malay. If you are Japanese, you are Japanese. You should be proud of that, and you bring it up .

   
   

将来の夢
Dreams in the future

JalanJalan
:将来の夢は何?
JalanJalan : What do you want to do in your future?

Zainal
:もしこれから10年後、20年後に僕がまだ生きていたら、僕は人に貢献することに焦点を当てたいと思う。人々はいつも僕にいろいろなことをしてくれたから。僕のアルバムを買い、僕の歌を聞いて、サポートし、コンサートに来たり、ほんとに幸せな気持ちにさせてくれた。僕が人に認められる人間にしてくれた。いろいろなことをしてもらったから、これから10年、20年はチャリティをたくさんしてそれを返していければと思ってる。学校を建てたり、病院を建てたり。恵まれない人にお金を寄付したり、それができたら一番いいね。なぜなら僕は彼らからもらうだけなのは嫌で、それを返していきたい。だから今はできるだけお金を稼いで、彼らに返して行きたいと思ってるんだ。それが僕の願いだね。
Zainal : In the next 10 years, or next 20 years if I'm still alive, what I want to do is, to focus on my contribution to the people. Because they always contribute to me, by buying my albums, listen to my songs, support me, come to my concert, make me really feel good, make me being some one who are recognized. They have given to me many things, and in next 10 years, 20 years, I wish I can return it back to them by doing a lot of charity work to them. Build school, build hospitals. Give some money to needier, that will be the best thing to do. Because I didn't want to just take from them, I also want to give it back to them. So my plan is making as much money as I can now, so I can spend and give it back to them. So that's my wish.

 

活動予定
Upcoming event

ワーナー・ミュージックより新アルバムリリース予定。('02末〜'03
New album  will be released from Warner Music. (end of '02~'03)

TVドキュメンタリー・シリーズ(司会/RTM)
TV Documentary series (host/RTM)

ザイナルの事務所Afrozapin」の公式ホームページURL
Official web site of "Afrozapin" (Zainal's management office) URL
http://members.tripodasia.com.my/azapin/



 
さてお約束のクイズ!(このためにわざわざパソコン取りに行ったんだからね)前回と同様日本の女性タレントの写真を用意しました。
マレーシアの超大物歌手ザイナル・アビディンが選んだのは一体誰?
ココをクリックしてクイズに応募してね!正解者の中から抽選で3名にザイナルの直筆サイン入りTシャツをプレゼントするよ。
As usual, here's a quiz (We all the way went back to take laptop computer, just to do this) ! Same as last time, photos of Japanese popular singers (girls) and actresses were prepared for Zainal. Who was chosen by the super singer in Malaysia now? Click here to join! If you can guess the right answer, 3 of you will get JalanJalan original T-shirt with Zainal's autograph.


   

   

前のページ  
previous

Entertainment Squareに戻る
Return to Entertainment Square