ママスクエア
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe^6: 軽度知的障害児童 受入機関
投稿日: 2018/12/31(Mon) 13:55
投稿者これからKLママ

ご助言、本当にありがとうございます。
情報提供やご意見、大変勉強になり、励みになりました。
いろいろなケースを熟慮し、
家族のベストな方法を検討します。
本当にありがとうございました。

> 初老の戯言と思ってください。
> 以前住んでいたコンドに、知的障害を抱えているお子様をお抱えのご夫婦が居ました。(今は私が引っ越しをして状況は把握できていませんが)
> 家政婦の方を雇っておられ、お世話は家政婦さんに任せている感じでした。ご夫婦は祝日はゴルフに一緒に行かれたり、時には二人で食事に出かけたり
> 日本人感覚では、おかしいだろ〜 って最初は思いましたが
> お子様の面倒もたまには見られており、そこには愛情を感じました。
> これって、もしかしたら日本人の古き風習には理解できない何かがあり、真新しささえ感じたと記憶しております。
> 決して、育児を放り出している訳ではなく、より愛情を注ぐために
> 家政婦さんを雇い、負担を軽減させることで心に余裕が出来
> お子様へも愛情を注げることが出来る。
>
> もし、KLへ来られるのであれば、家政婦さんを雇うことも
> 一考として考えてください。
> 金額は、把握できていませんが、月RM1,000~1,500(住み込み)
> ビザ代、一時帰国費用、お年玉など諸経費も必要でしょが
> もし、経済的に余裕があるようでしたら、その線も検討の余地があると思います。
> これは、育児放棄ではないと思います。
> 愛情は注いでください、でも無理はしないでください
> 貴方の判断が、ご家族の幸せになる事をお祈りしております。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード