2009年 2月15日(日)
Sunday Feb. 15 2009

第4回 & 5回合併号

タイのスパ

アベタイ

ページ内 の写真はクリック&ポップアップで大きい写真が見られます。

第35回KLソフトボール大会リーグ戦第5回戦は、2009年2月15日KL日本人学校グラウンドにて開催された。

ここまで2勝2敗の五分できているJalanJalanは、ここで勝ち越し再び連勝街道を突き進みたいところ。

1回裏、先頭バッター穐本が出塁すると、クリーンアップ小俣、志村、野田の3連打で4得点。その後も、2回、4回、5回とクリーンアップの連打で加点。1打席の凡打もない11安打2本塁打の爆発で試合の流れを決定付けた。

守っては梶田が4回まで完封ピッチング。5回攻撃中、ランナーとなった梶田は2塁塁上で足を痛めて惜しくも降板。
最終回で急遽リリーフに立ったJunが、3点を許したが、コールド勝ち圏内で踏みとどまり、久々の大勝を収めた。
(写真は、4回ホームランを打ってチームメイトに迎えられる小俣。)


第35回大会第5回戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
左翼 穐本 4 3 0 0 3
2
二塁 田村 4 0 0 0 0
3
捕手 小俣 4 4 1 0 1
4
遊撃 志村 4 4 0 0 2
5
左翼 小澤 3 3 1 0 4
6

中堅

野田 3 0 0 0 0
7
一塁 2 1 0 0 0
7
一塁 中沢 1 0 0 0 0
8
右翼 北川 2 0 0 0 0
8
右翼 ラクサ 1 1 0 0 1
9
投手 梶田 2 0 0 0 0
9
投手 Jun 0 0 0 0 0
JalanJalan VS ハリマオウ (09/2/15)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
JalanJalan 4 3 0 4 3     14
ハリマオウ 0 0 0 0 3     3

通算成績:3勝2敗0分
投手:梶田 - Jun
安打:16 
本塁打:小俣3号 小澤1号

第5回戦のMVP選考会は、試合終了後にダマンサラプレスセンターにて開かれた。
投打のかみあったこの試合では、4の4、1本塁打の小俣、4の4 志村、3の3 1本塁打4盗塁の小澤などクリーンアップの名前も挙がったが、ハリマオウの攻撃を完全に抑えきった投手梶田の今季一番の投球内容に賞賛の声が多数上がり、投票を待たずに梶田のMVP受賞が決定した。
梶田はこの試合を最後に、引退することが選考会会場で発表された。

 

第35回大会第4回戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
右翼 穐本 3 3 0 0 0
1 右翼 北川 2 0 0 0 0
2
二塁 田村 3 1 0 0 0
2
二塁 木村 2 0 0 0 0
3
捕手 小俣 5 4 2 0 0
4

遊撃

志村 4 2 1 1 1
5
左翼 小澤 5 3 0 0 1
6
中堅 野田 5 2 1 0 0
7
三塁 宇田川 4 2 0 0 0
8
一塁 浅井 4 3 0 0 0
9
投手 梶田 3 1 0 1 0
JalanJalan VS マコタ (09/1/18)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
マコタ 2 6 1 1 1 3 3 17
JalanJalan 11 0 3 2 0 0 2X 18

通算成績:2勝2敗0分
投手:梶田
安打:21 
本塁打:小俣1号、2号 志村1号 野田1号(逆転サヨナラ)

第4回戦のMVP選考会は、試合終了後に逆転サヨナラの興奮が冷めやらぬままダマンサラプレスセンターにて開催された。

3年前西村千の逆転サヨナラ以来の久々の快挙に満場一致でヒーロー野田がMVPの栄冠に輝いた。
野田の受賞は今季初。


第35回大会個人通算成績 
選手名 打 数 安 打 本塁打 四死球 盗塁 今季通算打率
野田 17 5 1 0 1 294
宇田川 9 4 0 0 0 444
志村 17 11 1 1 4 647
小俣 16 13 3 0 1 813
穐本 16 7 0 1 3 438
正田 0 0 0 0 0 000
田村 12 3 0 0 0 250
小澤 17 8 1 0 6 471
酒井 2 0 0 0 0 000
浅井 11 2 0 0 0 182
梶田 13 2 0 2 0 154
渡辺 0 0 0 0 0 000
木村 6 0 0 0 0 000
松畑 0 0 0 0 0 000
小林 4 2 0 0 0 500
加藤 0 0 0 0 0 000
ラクサ 2 1 0 0 1 500
北川 4 0 0 0 0 000
5 4 0 0 1 800
川野 0 0 0 0 0 000
中沢 1 0 0 0 0 000
Jun 0 0 0 0 0 000

新入部員紹介
 
  
中澤 潤 選手(野手)
山田ひろみ (マネージャー)

 

第2回戦のハイライトシーン

(クリック&ポップアップ拡大可)

この試合が引退ラス前の穐本。3安打の猛打賞で
爆発だっ。


こちらも引退ラス前の田村だが今日は
4タコ。引退試合に全てをぶつけろっ。
今日も4打数4安打1本塁打の大当たり。
もっかリーグ首位打者最右翼の小俣。

こちらも4の4の猛爆、4番志村。今季は
久々の個人賞表彰台を狙う。


いよいよ当たりが出てきた期待の
大型新人小澤。今日は初本塁打だっ。

先月の試合で逆転サヨナラのヒーロー、
今日は3タコで一休みの野田。

新加入2試合で早くも打率8割の星。
JalanJalanの星を目指せっ!


今日新加入の中沢。
長距離バッターの期待が高まる。

開幕無安打もまだまだこれからだっ
初ヒット目指して頑張れ、北川。

今季参加で初めての勝利と初ヒットで
気持ちも盛り上がるラクサ。


きわどいピッチャー小フライを
走りこみファインプレー。
投げては完封ピッチングの梶田。

チーム創設以来、四球を出したことがない
ど真ん中ピッチャー、Jun。

 

サムライジャパンとかほざいて原ジャパンは勝ちまくっているようだが、格下相手ばかりだからな、当たり前だ。アメリカ、ベネズエラ、ドミニカなど大リーグ選手ばかりでラインアップが組める強豪相手でどの程度試合になるか、要は本番だ。お手並み拝見だな。もちろん、オレは応援してるぞ。負ければ星野ジャパンの二の舞だからな。かわいそうに(ボソっ)
ところで、今日はクリーンアップがよう打って、梶田がよう投げた。投打がかみ合うとはこういう試合だな。しかし、俺から言わせれば、この程度は当たり前だ。問題は、前の試合でも指摘したが下位打線の音なしだ。ラクサの1本はJalanJalanの記録ではヒットだが、公式記録はエラーじゃないのか?
そう考えると、下位では星が1本打っただけ。ソフトは上位打者だけでやるものじゃないからな、9人でしっかり起承転結を作っていけなければとても優勝戦線は争えまい。
発表によれば、この試合でエース梶田が離脱し、次の試合を最後に穐本、田村というレギュラー陣も引退するという話ではないか。新人選手はまたとないチャンスだと思って結果を出していかないとな。今後のJalanJalanを決める意味でもこれからの試合が本当の正念場だ。