2015年 1月18日(日)
Sunday, JAN. 18, 2015


WINGS戦
ページ内 の写真はクリックで大きい写真が見られます。

第41回KLソフトボール大会第4回戦は、2015年1月18日KL日本人学校グラウンドにて開催された。

4回戦のJalanJalanの相手はKL日本人ソフトボールリーグ最強、優勝候補の筆頭、WINGS。
本格派ウィンドミル投手は驚異の防御率、その打線の破壊力も超大会級というモンスターチームだ。

しかし。
悲願の総合優勝を目指すJalanJalan。優勝を勝ち取るためにはどうしても倒さねばならない相手なのだ
。そして、いよいよその決戦の日はやってきた。

1回表、先攻のWINGSは持ち前の機動力を発揮し、セーフティバントや本盗などで3点を先取。立ち上がりの佐藤−河村バッテリーを揺さぶる。その裏のJalanJalanも吉利のヒット、島田の内野安打、道下の死球で埋めた塁を佐藤の内野ゴロ、島田の好走塁などでしぶとく2点を返す。
2回にはWINGSが1点を追加し、差を広げたまま中盤へ。
3回がJalanJalanにとってビッグイニングになった。2番吉利がいきなりソロホームランで口火を切ると、島田、道下とクリーンアップが続き、5番佐藤が値千金の2点適時打。さらに金崎にもタイムリーが出て一気に5点。ここでWINGSを7対4と逆転する。さらに4回裏には新人今井が初打席初タイムリーで8対4とWINGSを突き放す。

守っては3回からリリーフした吉利が完璧なピッチングで猛打WINGS打線を抑え込む。WINGS打線は三振の山を築きながら吉利の剛球に手も足も出ず、危なげなく完封。
試合は6回表で時間切れとなり、JalanJalanは全勝対決を8対4で制した。



第41回大会第4回戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
三塁 金崎 4 1 0 0 1
2
二塁/投手 吉利 4 2 1 0 0
3
遊撃 島田 4 2 0 0 1
4
一塁 道下 2 1 0 1 1
5
投手/二塁 佐藤 3 2 0 0 0
6

捕手

河村 3 1 0 0 0
7
中堅 柏村 2 0 0 0 0
7
中堅 今井 1 1 0 0 0
8
右翼 宇杉 3 2 0 0 1
9
左翼 広瀬 1 0 0 0 0
9
左翼 増田 1 1 0 0 0

JalanJalan VS WINGS (18/1/15)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
WINGS 3 1 0 0 0 0   4
JalanJalan 2 0 5 1 0 X   8

通算成績:4勝
投手:佐藤ー吉利
安打:13 
本塁打:吉利2号
MVP

恒例のMVP選考会は試合終了後タマンデサプレスセンターで行われ、3回以降の完封ピッチングと本塁打などで勝利に貢献した吉利と3回裏試合の流れを引き寄せる貴重な逆転タイムリーを放った佐藤で議論が紛糾。その後投票を行なったがこれも同数票となり、史上初の2人同時受賞となった。
佐藤は今季MVP初受賞。吉利は4戦目にして3回目の受賞。


 

第4回戦のハイライトシーン

(クリック拡大可)

 




 

Tokuda




 
 
 
     

 


 

先月ひょっとするんじゃない?って書いたけど、ひょっとしちゃったね(笑)。
まあ、正直言うとオレはJalanJalanが勝つと思ってたよ。あのね、勢いが違うんだよ。勝負ってそう言うもんでしょ。
試合開始1時間前にJalanJalanはすでに全員集まっていて、ランニングやキャッチボールなどウォーミングアプを始めていたけど、WINGSは誰も来てなかったもん。でかい相手をぶっ倒そうっていう気合いが半端じゃなかったよ。プロでもそういう選手は必ず伸びるよ。
ただね、試合は紙一重だったよ。WINGSのピッチャーも悪くなかったからね、あのまま行けば吉利が無失点でも差が縮まらないって展開だって充分あった。それほどクリーンヒットがあったわけじゃないからね。内野安打や敵失など運もあった。それがボディブローとなってWINGSの士気を削いでいっただけ。WINGSの監督がベンチから「おら、元気出せよ!」と叫んでいたけど、そんなことは今までなかっただろう。ほんとにワンプレーで試合の流れは変わるんだよ。ソフトってそう言うもんでしょ。その流れは来月のREDS戦でも同じだよ。彼らは大会切っての試合巧者。WINGS同様に心して当たらないと今度は紙一重で負けるよ。