2018年 2月11日(日)
11. Feb. 2018 (Sun)


対ミツイ戦号
ページ内の写真はクリックで大きい写真が見られます。

2018年 2月11日(日) ミツイ 戦

前節の反省から、7:15に入門しようとした遅刻マン2号だが2/18からの日程変更が守衛に伝わっていなかったようで若干もめたことはここだけの話。

今節の相手は、Mitusi。そしてMitsuiのエース山本。
たぶんm-floを意識している山本。
優勝戦線から離脱しないためにJalanJalanにとって絶対に負けられない戦いが始まった。

そんな中の今節のスタメン

7内海
8柏村
6森井
3今村
2広瀬
1金崎
4八木
5石橋
9山本

マーくん一時帰国中のため、キャッチャー広瀬。不慣れなポジションどうなるか。
この試合の鍵を握りそうだ。
佐藤監督のじゃんけん連敗記録が今日も伸び相手が後攻を選んだのでJJの先攻。

1回表
相手エース山本の切れのあるストレートがビシビシ決まりスイングをさせてもらえないJJ打線。
三者凡退に終わる。0-0

1回表
対するJJのエース金崎。ピリッとしない立ち上がりで2者連続四球を与え、
ファースト今村のエラーも重なり簡単に1点を与えてしまう。0-1

2回表
この回の山本も球が切れていた。そんな中6番金崎がひとり気を吐き意地のヒット。
しかし、後続が続かず0点で終わる。0-1

2回裏
やばい、筆者の記憶がない。なんでかわからないが3点を献上。
0-4の一方的な展開。大丈夫かこの試合。

3回表
勢いを増す山本の投球。簡単にツーアウトになる。
ここで1番内海がいい仕事。この試合始めての四球を奪い、すかさず二盗。
2番柏村がヒットで続き1点を返す。
このあたりから山本の投球にほころびが出始め暴投が増え始めた。柏村が暴投のおかげで生還。
この回2点。流れがJJに傾き始めた予感。2-4

3回裏
点を取った後の守備は大事。流れを手繰り寄せるべきエース金崎の気迫の投球。
きっちり0点に抑える。2-4

4回表
作った流れをきっちり結果に結びつけるJJ打線。この回、山本の投球が明らかに崩れ始める。
4番今村の初球ヒットの後、広瀬四球。ここで2塁ランナー今村の暴走気味の盗塁。
しかし何とかセーフとなり無死2、3塁。このチャンスに6番金崎。流れを掴む執念のヒット。
八木もヒットで続き、石橋、山本、内海と連続四球、柏村、森井の連続ヒット。
JJはこの回5本のヒット、5つの四球を固めて9点とビックイニングを作った。11-4

4回裏
逆転した後の守備。ここをきっちりと抑えて流れをがっちりと掴みたいJJ。
しかし、四球、エラーが重なり満塁のピンチ。
ここで相手3番にライト線への二塁打を打たれ3点を返される。11-7。

5回表
立ち直り切れない山本から二つの四球、相手のエラーから二死満塁のチャンス。
しかし森井のショートゴロで無得点で終わる。
若干嫌な空気がJJ内に流れる。11-7

5回裏
時間的に最後の守備。
Mitsuiの攻撃は8番から。嫌な空気もなんのその。
最後のライトへの飛球でJJ山本が目測を誤るヒヤッとした場面があったが金崎がきっちりと3人で抑える。

4回表の攻撃が全ての試合だった。
相手のミスとヒットを重ねてビッグイニングを作ったJJだが不用意な四球やエラーなど
相手に付け入る隙を作って自ら首を絞めている場面が見受けられ、残りWINGS、REDS戦への課題が見えた試合となった。
そんな中不慣れな広瀬の体を張った守備は、マーくん不在の不安を感じさせないものだった。


(レポート:今村)

第44回大会第5回戦ミツイ戦成績
  守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
左翼 内海 1 0 0 3 2
2
中堅 柏村 4 2 0 0 2
3
遊撃 森井 4 1 0 0 0
4
一塁 今村 2 1 0 1 1
5
捕手 広瀬 2 0 0 1 1
6
投手 金崎 3 2 0 0 1
7

二塁

八木 2 1 0 1 1
8

三塁

石橋 2 0 0 1 1
9
右翼 山本 2 0 0 1 0

JalanJalan VS ミツイ (11/2/18)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
JalanJalan 0 0 2 9 0     11
ミツイ 1 3 0 3 0     7

 

MVP

恒例MVP選考会は試合終了後KLセントラルプレスセンターで行われた。打線が沈黙気味の中、打席では貴重な2安打を放ち、マウンドでは相手に流れを掴ませない勝負強い投球で大事な勝利に大きく貢献したことが評価され、ほぼ満場一致で金崎のMVP受賞となった。(写真はミツイ打線を抑える金崎)


ミツイ戦のハイライトシーン

(クリック拡大可)

三四球で先頭打者の役割を果たす内海。


今日も引き続き好調を持続、柏村。
4回には貴重な一打で勝負強さを見せた、森井。


 ビッグイニングの口火を切った4番今村。

慣れない捕手を見事にこなして勝利に貢献、広瀬。
投打に大活躍、主将の役目を果たした金崎。
貴重なヒットで打線を繋げた八木。

強打、攻守でゲームをシメる男、石橋。
恐怖の9番、長距離砲、山本。

 


 

ちょっと新外人獲得とかトレードとか今いろいろ忙しくて週末も球団本部を出られなくてさ、この試合は観られなかったんだよ。だからなんにも書けないんだけどさ、聞くところによると相手エースの乱調に命拾いした試合だったらしいね。
相変わらずJalanJalanは速球に弱いね。こんな試合観なくてよかったよ。ストレスが増えるよ。
まあ、それでも塁に出たら走ることはできたみたいだから最低限、頭と体は使ったみたいだね。打てないんだったら一つでも先の塁を取る。ソフトってそういうもんでしょ。
しんどくても粘って粘って競り勝つ、残りの試合もこれで辛抱していくしかないだろうね。監督は寿命が縮むだろうけど。