2009年 5月17日(日)
Sunday May. 15 2009

第6回 & 7回合併号

ニュースは

FNN

ページ内 の動画は画面右下のボタンをクリックすると全画面表示再生になります。

第35回KLソフトボール大会リーグ戦第7回戦は、2009年5月17日KL日本人学校グラウンドにて開催された。4勝2敗とこの2試合を連勝で進み勢いを加速させているJalanJalan。

一方でリーグ戦の行方はここまで全勝のセイフティーファーストが初優勝を決め、現在2位3位争いが激化している。JalanJalanは得失点差で少しでも優位に立つため点差をつけた勝利がマスト。

この試合、久々に14人という大陣営をベンチに揃えたJalanJalanだが、対する先生チームJSKLも30人という大軍団で対抗。試合開始後序盤は伯仲の両チームであったが、中盤から終盤に掛けて息切れしたJSKLに対して追撃の手を緩めなかったJalanJalanが24安打21点の猛攻で2試合連続のコールド勝ちをものにした。

(動画は、激しい人数が並ぶ試合終了後整列のJSKLチーム。)


第35回大会第7回戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
一塁 浅井 5 2 0 1 2
2
中堅 野田 6 2 0 0 2
3
捕手 小俣 6 2 0 0 1
4
遊撃 志村 6 5 1 0 1
5
左翼 小澤 6 4 1 0 0
6

二塁

桜井 4 2 0 0 0
6
二塁 早見 2 2 0 0 1
7
三塁 酒井忠 4 1 0 0 0
7
三塁 近藤 2 1 0 0 0
8
右翼 北川 1 1 0 0 0
8
右翼 中澤 2 0 0 0 0
8
右翼 服部 1 0 0 0 0
8
右翼 中村 1 1 0 0 0
9
投手 2 1 1 3 0
JalanJalan VS JSKL (09/5/17)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
JalanJalan 2 5 4 0 3 2 5 21
JSKL 1 2 5 1 0 0 0 9

通算成績:5勝2敗0分
投手:星
安打:24 
本塁打:志村2号、小澤2号
      星1号

試合終了後、ダマンサラプレスセンターにて恒例のMVP選考会が開かれた。

この試合再び4番に戻った志村が6打数5安打1ホームランと爆発。
4安打1ホームランの小澤との競り合いを制し、今シーズン初めてのMVP受賞となった。


第35回大会個人通算成績 
選手名 打 数 安 打 本塁打 四死球 盗塁 今季通算打率
野田 27 9 1 0 3 333
宇田川 9 4 0 0 0 444
志村 23 16 1 1 5 696
小俣 26 19 4 0 2 731
穐本 19 10 0 2 8 526
正田 0 0 0 0 0 000
田村 15 4 0 1 0 267
小澤 27 15 2 0 6 556
酒井 2 0 0 0 0 000
浅井 20 6 0 1 6 300
梶田 13 2 0 2 0 154
渡辺 0 0 0 0 0 000
木村 6 0 0 0 0 000
松畑 0 0 0 0 0 000
小林 4 2 0 0 0 500
加藤 0 0 0 0 0 000
ラクサ 2 1 0 0 1 500
北川 5 1 0 0 0 200
10 5 1 4 1 500
川野 1 1 0 1 0 1000
中沢 4 0 0 0 0 000
桜井 6 4 0 0 1 667
早見 2 2 0 0 1 1000
酒井忠 5 2 0 0 0 400
近藤 2 1 0 0 0 500
服部 1 0 0 0 0 000
中村 1 1 0 0 0 1000
津村 2 1 0 0 2 500
Jun 0 0 0 0 0 000

第7回戦のJalanJalan戦士打撃動画

浅井選手


野田選手
小俣選手

志村選手


小澤選手

桜井選手

酒井選手


北川選手

星選手

早見選手


近藤選手
服部選手

中澤選手


中村選手

野田選手、盗塁。

 

新入部員紹介
 
桜井久光 選手(野手)
酒井忠正 選手(野手)
川野友裕 選手(野手)

津村 淳 選手(野手)

 

服部 理 選手(野手)
早見七平 選手(野手)
近藤智英 選手(野手)
中村明博 選手(野手)

 

 


ページ内 の写真はクリック&ポップアップで大きい写真が見られます。

第35回KLソフトボール大会リーグ戦第6回戦は、2009年3月1日KL日本人学校グラウンドにて開催された。
初回 シルバー先攻。 先発、星の立ち上がりにホームラン2本を含め3点を先行許す。
後攻めのJalanJalan、穐本がセーフティバントで出塁、2盗、3盗、田村が四球。
3番小澤が安打、4番小俣ホームランであっさりと逆転に成功した。

2回、3回をシルバーの攻撃を1点に抑え、JalanJalanは足を使った攻撃で3点を奪取。
4回またもホームラン攻勢で3点を失うも、その裏に6点を取り返しその差は8点。
5回シルバー打線を0に抑え、裏の攻撃で2点を取り、サヨナラコールド勝ちをおさめる。

この試合JalanJalanは、穐本の5盗塁、浅井の4盗塁など合計13盗塁の持ち味を生かした機動ソフトで快勝した。

初先発の星は完投で初勝利を飾った。

(写真は、この試合で引退の田村、穐本を囲んでの記念写真。)

 

第35回大会第6回戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
遊撃 穐本 3 3 0 1 5
2 二塁 田村 3 1 0 1 0
3
左翼 小澤 4 3 0 0 0
4
捕手 小俣 4 4 1 0 0
5
中堅 野田 4 2 0 0 0
6

三塁

浅井 3 2 0 0 4
7
投手 3 0 0 1 0
8
一塁 津村 2 1 0 0 2
8
一塁 川野 1 1 0 1 0
9
右翼 中澤 1 0 0 0 0
9
右翼 桜井 2 2 0 0 1
9
右翼 酒井忠 1 1 0 0 0
JalanJalan VS シルバー (09/3/1)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
シルバー 4 0 1 3 0     8
JalanJalan 4 3 3 6 2     18

通算成績:4勝2敗0分
投手:星
安打:20 
本塁打:小俣4号

第6回戦のMVP選考会は、試合終了後ダマンサラプレスセンターにて開催され、初めて入った4番で4打数4安打サイクルヒットの偉業を達成した小俣が満場一致で選出された

小俣のMVP受賞は今シーズン2度目。


第6回戦のハイライトシーン

(クリック&ポップアップ拡大可)

引退試合で3安打猛打賞の穐本。


胴上げされる穐本。
初出場初ヒットの川野。久々の大砲。

こちらも初出場初安打の津村。


胴上げされる田村。

こちらも大砲の期待がかかる中澤。

当たりが出始めた浅井。


初出場2打数2安打の桜井。

サイクルヒットを達成した小俣。

初先発初完投の星。


初出場でコールドサヨナラヒットを
放った酒井忠。

打撃絶好調、クリーンアップの
一角、小澤。

 

4月の休みを挟みながらも練習で集中力を切らさずにいい試合をした。ここに来て8人の新人が加入し、戦力も大幅に厚みを増したようだ。リーグ優勝は決まったらしいが、より上位を目指し、また来季に向けてチームの基盤を作っていくには大切な時期だ。それぞれが持ち味を生かした働きをすれば新生JalanJalan、来季は他チームにとってさらに脅威になるだろう。
そしてともあれ、田村、穐本両選手はご苦労さん。試合をこなす毎に成長した二人だったな。今季途中ながら8盗塁の穐本は立派。このまま行けば個人賞盗塁王も狙えたが残念だ。
さて、これからのJalanJalanにとって大きな課題になるのが「チームワーク」だ。
かつてリーグ優勝を果たしたJalanJalanチームのメンバーは、ほぼ9人の固定オーダーだった。またナインのほとんどが同世代でまとまりやすい条件を備えていた。人数も増え、世代も若手からベテランまで広がったチームがどう気持ちをひとつにし、チームとしてまとまっていくか、わしは非常に面白い見ものだと思っている。引き続き期待しながら斬らせてもらう。