2018年 3月4日(日)
4. Mar. 2018 (Sun)


対WINGS戦号
ページ内の写真はクリックで大きい写真が見られます。

2018年 3月4日(日) WINGS 戦

この試合に勝てばほぼプレーオフ進出?という大事な一戦のJJ。

前日に決起集会を行なっていたチームMitsuiとたまたまはましょうで会った筆者。お互いの勝利を目指し鼓舞。

今節の相手はWings。打撃が持ち味。JJも懐かしきかな、いてまえ打線が売りなのでいかに点数を抑え打ち勝つか大事になってくる。

JJスタメン
1.内海(レフト)
2.柏村(センター)
3.森井(ショート)
4.今村(ファースト)
5.広瀬(キャッチャー)
6.金崎(ピッチャー)
7.八木(セカンド)
8.石橋(サード)
9.山本(ライト)

毎度おなじみ、恒例行事のような佐藤監督のジャンケン負けでWings先行、JJ後攻でプレイボール。

1回表
ここで悲しきことに筆者である山本がほとんど試合内容を覚えていないというありさま。
決して前日に少々呑みすぎたわけではなく、一球、一球、白球を追いかけるのに精一杯だったことを理解していただきたい。まどか氏のスコアブックよりJJ大事な初回をゼロで抑える。
スリーアウト目のライトフライ。あれだけ太陽の日差しがキツイ中よく取ったと有森裕子ばりに自分で自分を褒めたいと思う筆者。

1回裏
さて、どう書こうかとクチンで悩む筆者。違ってたらごめんなさい。。。
1番内海。遅い球にセーフティバントでどうなるかと思ったがセーフ。盗塁と何やかんやで早々1点。「一人で野球をしている」という声が飛んだことを記憶している。
2番柏村。ヒットなのかエラーなのか物議を醸す一打で塁に出る。飛んだ場所はシュートでしたっけ?セカンドでしたっけ??
3番森井。右打席から振り抜いた打球は、美しい放物線を描き、栄光の架橋のごとくレフトオーバーのホームラン。
4番今村。放たれた打球は外野に飛び、暴走のような好走塁(だったと記憶しております。)で2者連続ホームラン。
5番広瀬。これまたホームラン。良いあたりでしたよね?そう掛布、バース、岡田を思い出させる3者連続ホームラン。(だったんだとスコアブックを見て驚く筆者でした。)
6番金崎がヒットも7番八木が惜しくも凡退。8番石橋がエラー?で出塁し、9番山本カンチャン。
一巡し内海がエラーで出塁、柏村ヒット、森井ヒット、今村ヒット...打つわ打つわで大量得点。(スコアブック感謝です。)
5番広瀬が何と1イニング2ホームランという2016年5月7日の中日ビシエド依頼の快挙。(Yahoo!調べ)
その後もナンダカンダでこの回18点。いやぁ打ち過ぎです。。。

2回表
JJの攻撃でライト方向に飛んだ打球が比較的多かった?が、Wingsライトがあまり守備が上手くなかった且つやはり太陽の光の影響があり、打ち取られてもヒットになることがあったので、ライトに打球がいっぱい飛んでくるのではとドキドキしていた筆者だが、JJ絶対的エース金崎のここぞとばかりの厳しい内角攻め(右バッター)があったのかなかったのかでライトにほとんど飛んでくることもなく1失点で強力打線を抑える。

2回裏
は5番広瀬から。なななんと3打席連続ホームラン。
1試合4打席連続ホームランを期待したいたが残念ながら途切れたことを先にご報告です。
この回も打っては打ってはの7点。2番柏村のホームランの打球はヤバかった。

3回表
JJピッチャーが内海に交代。チームS戦では荒れたこともありどこまで修正できるか。
フォアボールを出す場面もあったが(確か)この試合のJJの守備は非常に良くゼロに抑える、ちなみに4回表は2失点で抑える。3回表だか4回表だか全く覚えていないが、4-6-3、のダブルプレーは見事であった。セカンド八木の見事なフィールディングからのトスを森井のメジャーばりの素手キャッチ&スローイング(でしたよね?)かっこよかった。サードへのヒット性の鋭いあたりを見事にさばく石橋の守備は本当に安心する。

あっ、JJの支柱的存在、ドリフターズでいう仲本工事的な存在の中村があっさり打ち取られるのを忘れておりました。

3回裏はあの打線はどこえやらあっさり3人で料理され、
4回裏
はい、待ってました!「代打、オレ」
オードリー春日が舞台に立つ姿のように威風堂々たる姿で打席に入る佐藤監督。その左打席から放たれた鮮やかな放物線は、惜しくも数十センチのところに落ち、静かにファーストゴロで終える。。
そして「代打、トモ」
大いに期待が上がるも三振。しかししっかり振れていたので次回に期待。
ツーアウトからでも得点を取るあたりさすがマシンガン打線。

5回表
抑えのマウンドには我ら佐藤監督。技巧派、匠の技で抑えていく光景は外野から見ていて安心して守れた。あっさりと試合終了したと思っていたのでゼロに抑えたと思っていたが1失点あったんだとスコアブックを見て思った筆者。

26-4でJJの勝利!!パチパチパチ!!
投打、守備、走塁と見事な試合だった。

相手ピッチャーがあまり速くなかったこともあったが、なぜここまでJJは打てたのか。。。
それは皆もご存知、金崎調達の黒バットのおかげ。ちょっとドーピング気味のような気がするがそんなの関係ねぇ。

そんな黒バットに今回はMVPをあげたいと思います。


(レポート:山本)

第44回大会第6回戦WINGS戦成績
  守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
左翼 内海 4 2 1 0 1
1
代打 佐藤 1 0 0 0 0
2
中堅 柏村 4 2 1 0 2
3
遊撃 森井 5 5 1 0 0
4
一塁 今村 5 4 1 0 0
5
捕手 広瀬 5 4 3 0 0
6

投手

金崎 3 2 0 0 1
6

右翼

中村 1 0 0 0 0
7
二塁 八木 4 2 0 0 0
8

三塁

石橋 4 1 0 0 0
9
右翼 山本 4 3 0 0 0

JalanJalan VS WINGS (4/3/18)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
WINGS 0 1 0 2 1     4
JalanJalan 18 7 1 0 X     26

 

MVP

恒例MVP選考会は試合終了後タマンデサプレスセンターで行われ、猛打賞が4人という打線爆発の中で5打数5安打の森井と3打席連続本塁打の広瀬で決選投票となったが、チーム新記録で勝利に貢献した広瀬が初のMVP受賞となった。(写真は本塁打を放つ広瀬)


WINGS戦のハイライトシーン

(クリック拡大可)

2安打1本塁打1盗塁と今日もかき回した内海。


大量リードで久々のプレイングマネージャー佐藤。
4の2、2盗塁。機動力全開の柏村。


 5打数5安打1本塁打と大暴れ、3番森井。

5打数4安打1本塁打と主砲の活躍、今村。
3打席連続本塁打。打ち止まない大砲、広瀬。
打っては3の2、投げては4回3安打、主将金崎。

痺れる安打が待ち遠しい、我慢の男、中村。
攻守でゲームをしめる、業師八木。
どんな強打も三塁は抜けない、仕事師石橋。

やっぱり恐怖の9番打者、猛打賞の山本。
カナリヤ軍団、磯野舞が卒業胴上げ。応援ありがとう!

 


 

打ったな(笑)。実際攻撃回数は4回しかなかったのにクリーンナップ3人で13安打5本塁打は驚いたよ。打つべき人が打って、抑えるべき人が抑えれば勝負ありだ。ソフトってそういうもんでしょ。まあ、普通はここまでワンサイドにはならないけどね。
流石に今日は言うことないよ。

さて、ここから優勝を奪還するには今季負けているGUTS、全勝のREDSを打ち負かさないといけないわけだが、そう易しい話ではないよ。課題はやはり速球投手攻略だよな。それほど多くは訪れないチャンスをどう確実に得点につなげていくか、それぞれが工夫していかないとダメだよ。オレは監督時代、それを考えない選手は使わなかったからね。しっかり練習して合戦に備えな。天王山はこれからだよ。