2013年 4月21日(日)
Sunday, Apr. 21, 2013

REDS戦
ページ内 の写真はクリックで大きい写真が見られます。

勝利!第39回KLソフトボール大会リーグ戦第6回戦は、2013年4月21日KL日本人学校グラウンドにて開催された。

JalanJalanの対戦相手は優勝候補の筆頭REDS。強力打線と堅い守備、俊足を生かした機動力、と全てに隙の無い大会随一の強豪チームだ。今シーズンもここまで全勝、得失点差140以上という怪物チームだ。
一方、JalanJalanもここまで5戦全勝。ここで勝った方がリーグ優勝に王手をかける、リーグ戦天王山となる全勝決戦だ。

1回表、JalanJalanエース吉利は伝家の宝刀ウィンドミル速球でREDS上位打線を無得点に抑える完璧な滑り出し。守備陣も厳しい練習の成果か落ち着いた球さばきで危なげない。1回裏JalanJalanの攻撃は先頭バッター金崎が勝負強くヒットで出塁すると5番道下の2点タイムリーなどで一挙3点。どうしても欲しかった先取点を奪い、ゲームの主導権を握る。
2回表も吉利はREDSの強力打線を寄せ付けず無得点。一方2回裏のJalanJalanは、河村、吉利、金崎の3連打などで2点を追加。じわじわと点差を広げて行く。
中盤3、4、5回では底力を見せたREDSクリーンナップに4点を返されたが、JalanJalanも3点を加点。
6回、7回の終盤に入っても吉利の速球の威力は全く衰えない。最終回表、必死の反撃を試みるREDS打線は粘りを見せ、ツーアウトランナー2塁3塁と長打で一気に点差を縮めるチャンスをつかんだが、最後のバッターの渾身の一振りは痛烈なライナーでピッチャー吉利のグラブの中へ。
時が止まったかのような静寂。その瞬間にJalanJalanは10年以上も攻略できなかった常勝REDS相手に悲願の大金星を上げたのだった。



第39回大会第6回戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
中堅 金崎 4 2 0 0 0
2
一塁 野田 4 1 0 0 0
3
遊撃 佐藤 4 2 0 0 0
4
捕手 小俣 4 1 0 0 0
5
右翼 道下 3 2 0 0 0
6

三塁

石濱 3 1 0 0 0
7
二塁 櫻井 2 0 0 0 0
7
二塁 徳田 1 0 0 0 0
8
左翼 河村 3 2 0 0 0
9
投手 吉利 3 2 0 0 0

 


JalanJalan VS REDS (21/4/13)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
REDS 0 0 2 0 2 0 0 4
JalanJalan 3 2 2 1 0 0 X 8


クロスプレイ
通算成績:6戦全勝
投手:吉利
安打:13 
本塁打:なし
MVP

MVP小澤
恒例のMVP選考会は試合終了後ダマンサラプレスセンターで行われ、REDS強力打線をわずか4点に抑える完璧なピッチングと3打数2安打の打撃の双方が評価され、久々の満場一致でピッチャー吉利が初のMVPを受賞した。
(写真はREDS打線を沈黙させた吉利のピッチング)


 

第6回戦のハイライトシーン

(クリック拡大可)

大事な一戦で走攻守に大活躍の金崎。


効果的な口撃でチームを盛り上げた野田。
ここ一番に勝負強い打撃で貢献、3番JJ佐藤。

吉利の好投を引き出し、チームを率いた小俣。

攻守に超大会のスケール、道下。
相手もローカルと間違える褐色の弾丸、石濱。
Tokuda

まだまだ若い動き、重鎮櫻井。


後ろに控えて吉利が飛ばせる、2枚看板徳田。
好打、好守で抜群の安定感、河村。
圧倒的な運動神経とセンスを投打に見せる、吉利。
ホームスライディングで貴重な追加点、JJ佐藤。
ベンチからチームをもり立てた、ラクサ。

 


 

生きてるうちにこんな試合を拝ましてもらってよかったわ。ここまでの練習で技術と精神力がしっかり鍛えられてきたのがようわかった。
吉利のピッチングは素晴らしかった。ソフトボールリーグ史上でも1、2を争うピッチャーやろ。それは間違いない。だがな、REDSぐらいのチームになると、ピッチャーだけじゃ勝てない。守備も打撃も完成していなければなかなか付け入る隙は見せてくれん。
それがどうだい。安定感のある機敏な守備、しぶとく勝負強いバッティング。どれを取っても王者REDSの上を行っとったで。これじゃ、REDSも戦いようがないわ。すでにチームの総合力がREDSを圧倒しとったんだからな。
REDSのピッチャーは連覇の支えとなってきた好投手。「球威」は抜群でこのピッチャーから長打を重ねるのは難しい。それでもJalanJalanはこの試合で13本の安打を放っとる。打ち負けとらんのは立派だ。
固い卒の無い守備力と厚い打撃陣、機動力で大会NO.1ピッチャー吉利を盛り立てよ。あと2戦、しっかり戦って優勝決定戦の切符をものにするのだ。そしてそこから新たなJalanJalan黄金期の歴史を創ってみろ。