2006年 11月19日(日)
Sunday, Nov. 19, 2006
開幕戦/第2回戦
特別合併号

気力。

魁皇

ページ内 の写真はクリック&ポップアップで大きい写真が見られます。
(クリックしてもポップアップしない場合は、IEのセキュリティオプションで「ブロックされているコンテンツを許可」してください)

第33回KLソフトボール大会リーグ戦は、2006年10月15日KL日本人学校グラウンドにて開幕した。

今季も悲願の初優勝に燃えるJalanJalanナイン。試合は熱く初戦から燃え上がり、18対10でチームPANAを粉砕。

第2試合は、11月19日に開催されたが、投手岡が本調子ではなく、四球からの連打に苦しみ、追う展開となったが、主将志村をはじめ、打線奮起から逆転に成功。最後は、岡が無得点に抑え、時間切れ5回コールドにより17対14でJalanJalanは開幕2連勝を飾った。今季から新たな選手補強も進んだJalanJalan。新人選手顔写真は、ページ中段にて紹介。(写真は、2本目のホームランで次打者池内に迎えられる志村。目は恍惚の人。)


第33回大会開幕戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
三塁 西村 5 3 1 0 0
2
中堅 野田 5 2 0 0 0
3
左翼 前田 5 3 0 0 1
4
遊撃 志村 5 3 0 0 3
5
捕手 池内 5 3 0 0 1
6

右翼

正田 5 3 1 0 0
7
一塁 酒井 4 1 0 0 0
8
二塁 田村 2 1 0 0 0
8
二塁 平野 2 0 0 0 0
9
投手 4 2 0 0 0

JalanJalan vs チームPANA (06/10/15)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
チームPANA 0 0 0 10 0 0 0 10
JalanJalan 2 0 2 6 4 4 X 18

通算成績:1勝0敗0分
投手:岡 - 正田 - 岡
安打:21 
本塁打:正田(1号)、西村(1号)
今季最初ののMVP選考会は、試合終了後にダマンサラプレスセンターで開かれた。勝利の決め手に欠く試合展開だったため、選考会も紛糾したが、5の3、1本塁打で同率の西村と正田が俎上に上がったが、正田の守りでの失点について、相殺ではないか、という意見が多く出されたため、最終的に投票の結果、大差にて西村が今季初のMVP受賞となった。
第33回大会第2回戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
三塁 西村 2 2 1 2 2
2
中堅 野田 4 2 0 0 0
3
左翼 前田 4 3 0 0 0
4
遊撃 志村 4 4 2 0 0
5
捕手 池内 4 2 0 0 0
6

右翼

籾山 3 1 0 1 0
7
一塁 酒井 2 1 0 0 1
7
一塁 小俣 1 0 0 0 0
8
二塁 田村 2 1 0 0 0
8
二塁 松畑 1 0 0 0 0
9 投手 3 2 0 0 0

JalanJalan vs SUMITOMO (06/11/19)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
SUMITOMO 3 8 0 3 0     14
JalanJalan 4 6 3 4 X     17

通算成績:2勝0敗0分
投手:岡
安打:18 
本塁打:志村(1号)(2号)、
      西村(2号)
恒例MVP選考会は、試合終了後、ダマンサラのプレスセンター近くのコーヒーショップにて開催された。5分という短い意見交換の末、すぐに採決となり、久しぶりに満場一致で4の4、2本塁打、3盗塁の志村が今季初めてのMVPを受賞した。ここまで打率0.778、本塁打2本は、今季の有力な個人賞候補。

第33回大会個人通算成績 
(第2回戦終了時点)
選手名 打 数 安 打 本塁打 四死球 盗塁 今季通算打率 前期通算打率
野田 9 4 0 0 0 444 522
西村 7 5 2 2 2 714 423
志村 9 7 2 0 3 778 419
池内 9 5 0 0 1 556 462
7 4 0 0 0 571 391
正田 5 3 1 0 0 600 333
田村 4 2 0 0 0 500 214
平野 2 0 0 0 0 000 333
坂本 0 0 0 0 0 000 000
中野 0 0 0 0 0 000 455
酒井 6 2 0 0 0 333 250
前田 9 6 0 0 1 667 000
籾山 3 1 0 1 0 333 -
松畑 1 0 0 0 0 000 -
小俣 1 0 0 0 0 000 -
Jun 0 0 0 0 0 000 000

新入部員紹介
前田哲宏 選手
松畑吉浩 選手
籾山剛義 選手
小俣正樹 選手

 

 

開幕戦/第2回戦のハイライトシーン

(クリック&ポップアップ拡大可)

芸人劇場 in JSKL
ターラリラリラー♪と白鳥の舞い、野田。


負けずに体を回転させる田村。
そして白鳥は大空へ羽ばたく。
クライマックスの田村。

「別れる切れるは芸者のときに言う言葉・・」
「えーい!うっとうしい!」
と足蹴にされるお宮を熱演する西村。


「お前はもうオレのものだ!」と
熱い抱擁を受ける前田 。

「貴様、黙っておれば抜けぬけと。許さん!」
「ま、ま、待て! 話せば解る!」

「バットの上でボールが回ります! いつもよりよけいに回しております!」と芸に力が入る酒井。


「なんの、私は腕を登ってくる
秘技『鯉の滝登り』だ!」
と対抗心を燃やす岡。


「お父さん、
僕はそんなもの見に来たんじゃないよ」



フォーー!!
みんな楽しんでる? 野球やめて、今季からこのコラムの担当になったからよろしくね〜。
星野さんのコラム、読んだけど、重すぎ(笑)。ソフトなんて「やっちゃぇ、やっちゃえ〜」で楽しまなきゃ、目立たなきゃ。
なんか、この2試合観てたら、JalanJalanのメンバーってちょっと暗めじゃん。ごめん、オレ正直だから(笑)。
でもせっかくだから、オレもここでハッキリいろいろ言わせてもらうよ。優勝目指してんでしょ。任してといてよ、優勝の仕方は(笑)。
ということで、しばらくよろしくね。頑張って優勝しちゃおうぜ。できるって、絶対!