2009年 10月25日(日)
Sunday Oct. 25 2009

リーグ開幕戦

祝・ジャイアンツ

日本一!

ページ内 の動画は画面右下のボタンをクリックすると全画面表示再生になります。

第36回KLソフトボール大会リーグが、2009年10月25日KL日本人学校グラウンドにて開幕した。

JalanJalanの開幕戦の相手はミツイ。ここ何シーズンかは穏やかなファミリーチームとしてリーグ優勝から遠ざかっているが、往年の常勝軍団。初戦から気を抜けない相手だ。
そんな状況下、エース星が緊急出張で休場。試合前に監督Junが先発、そして試合を一人で任されることになる。総合優勝を狙うはずが、開幕戦からのピンチである。
記録を遡ってもJunが先発完投した記録はない。

チームの守りに硬さもあり、試合開始早々、ミツイに先制点。2回表で4−0と、リードを広げられる。
しかし、2回裏に打線が3点を返し、守りも落ち着きを取り戻して3、4、5回とミツイに得点を許さない。
一方、JalanJalanは、4回に打線が爆発して一挙7点。試合の流れを一気に引き寄せた。
その後も投打がかみ合い、開幕戦を14対6の快勝で制した。

(写真は、開幕式に参列する各チームの選手たち。クリック拡大可)

 


第36回大会開幕戦 個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
一塁 野田 3 2 0 1 2
2
三塁 宇田川 3 0 0 1 0
3
遊撃 志村 4 2 0 0 0
4
捕手 小俣 4 2 1 0 0
5
左翼 小澤 4 3 0 0 0
6

中堅

中村 4 2 1 0 1
7
右翼 中澤 3 0 0 0 0
7
右翼 北川 1 1 0 0 0
8
二塁 田村 4 3 1 0 1
9
投手 Jun 4 2 0 0 0
JalanJalan VS ミツイ (09/10/25)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
ミツイ 2 2 0 0 0 1 1 6
JalanJalan 0 3 0 7 0 4 X 14

通算成績:1勝0敗0分
投手:Jun
安打:17 
本塁打:小俣1号、中村1号、 田村1号

開幕戦終了後、サウジャナ地区の中華料理店VIPルームで今季初めてのMVP選考会が、開かれた。

初戦から本塁打3本と打撃好調のチームからの選考ということで議論は白熱。
結論が出ぬまま投票に持ち込まれた。
最終選考に残った小俣、中村、田村の3選手から、4打数3安打1本塁打1盗塁と活躍した田村が僅差でMVP受賞となった。

田村はこの開幕戦が初出場の新人。新人が開幕戦でMVP受賞となったのは球団史上初。


第36回大会個人通算成績 
選手名 打 数 安 打 本塁打 四死球 盗塁 今季通算打率
野田 3 2 0 1 2 666
宇田川 3 0 0 1 0 000
志村 4 2 0 0 0 500
小俣 4 2 1 0 0 500
小澤 4 3 0 0 0 750
浅井 0 0 0 0 0 000
酒井 0 0 0 0 0 000
正田 0 0 0 0 0 000
木村 0 0 0 0 0 000
松畑 0 0 0 0 0 000
加藤 0 0 0 0 0 000
北川 1 1 0 0 0 1000
0 0 0 0 0 000
川野 0 0 0 0 0 000
中沢 3 0 0 0 0 000
桜井 0 0 0 0 0 000
早見 0 0 0 0 0 000
酒井忠 0 0 0 0 0 000
近藤 0 0 0 0 0 000
服部 0 0 0 0 0 000
中村 4 2 1 0 1 500
田村 4 3 1 0 1 750
Jun 4 2 0 0 0 500

開幕戦のJalanJalan戦士打撃動画

果敢なヘッドスライディングで2塁を
落とす野田選手


左の切り込み隊長宇田川選手
今季もリーグ首位打者を狙う志村選手

今季も本塁打王を狙う小俣選手


4の3と出だし好調、小澤選手

開幕戦で初本塁打、中村選手

味方も力の入る打撃、中澤選手


貴重なダメ押し適時二塁打、北川選手

初参戦でMVPの活躍、田村選手

適時三塁打で好調。スロジョギ&
筋トレの効果あり、Jun



 

JalanJalan OB / OG だより

ご無沙汰です。

バ・リーグは10/3に全日程が終了し、小生が監督で、池ちゃんにも入って貰っている”スポクラーズ”が4冠を達成しました。4冠とは、日米ポ対抗戦(5チーム参加)、日本人会大会(11チーム参加)、ペナントレース(4チーム)、クライマックスシリーズ、です。決勝戦はいずれも1点差ゲームばかりで、しびれっ放しでした。
ホームページも出来ていますので、アクセスしてください。

http://www.japoland.pl/baltic_league

では、JJも総合優勝に向けて、頑張ってください。

櫻井 
(写真は、スポクラーズ。中央が櫻井。クリック拡大可)




 

ゴミ同然のチームを何とか一人前の野球ができるチームにして、リーグ2位でクライマックスまで出て、それでなんで解雇なのかね。まったく宇宙人の考えることはようわからんよ。再就職先探したって、どこも拾ってくれん。
それで行き着いたところがここや。わしも落ちるとこまで落ちたな。
まあでも、ここがわしの次の仕事場や。徹底的にぼやかせてもらうわ。
しかし、JalanJalanの出だしはひどかったな。ハリマオウの2軍かと思ったよ。試合前の練習が時間つぶしになってるだけだな。アマチュアの癖にプロみたいなウォーミングアップしくさって。
打線は思ったよりつながりがあってよかったな。クリーンナップ以外は音無し、というチームも多いが、上位、下位どこからでも打点を稼げるのはJalanJalanと今年のジャイアンツくらいじゃないか。
まあ、リーグ内にはウィンドミルの速球投手もおるし、重い球を持ち味にしている老獪なピッチャーもおる。そういうピッチャーでもコンスタントに二桁安打打っていかないと総合優勝なんか夢や。守備も打撃もまだまだ鍛えていきゃな話にならん。
まあ出来の悪さじゃ、仙台のチームとどっこいどっこいか。それもまた楽しみだ。