2010年 10月24日(日)
Sunday, Oct. 24, 2010

開幕戦
ページ内 の写真はクリックで大きい写真が見られます。

第37回KLソフトボール大会リーグ戦は、2010年10月24日KL日本人学校グラウンドにて開幕した。

今季JalanJalanは前回大会1位〜6位のうち5チームがひしめく強豪リーグで闘う。その厳しいリーグ戦の開幕はなんとしても勝利でスタートしたいところ。しかし、先発、リリーフ投手など主力を欠く不利な陣容となった。開幕戦の相手はJSKL(日本人学校教職員チーム)。

1回表、先攻のJalanJalanは、先頭友士朗が四球を選んで出塁。2番野田がクリーンヒットで無死1、2塁とチャンスが広がる。ここまでは前々大会開幕戦と同じ展開だ。前々回はここからクリーンアップが三者凡退し、勢いを失ったJalanJalanはそのまま敗退したのだ。しかし、今季は新主将小澤が3番に入り、見事3ランホームラン。打者一巡で迎えた第2打席は満塁ホームランと開幕初回から爆発した小澤の活躍で一挙10点。JSKL先発の校長先生をマウンドから引きずりおろした。
しかしここから2番手で登板した相手投手はウィンドミルの剛速球投手。また厳しい試合を覚悟するナイン。

しかし、その後も速球をうまくはじき返す巧打がつながり、3回には7点を追加。守っては堅い内野守備や中澤のファインプレーなどに助けられたJunがなんとか相手打線を最小得点に抑え、17対7、5回コールドで開幕戦を制した。
(写真は、開幕式の各チーム。)


第37回大会開幕戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
三塁 友士朗 3 2 0 1 0
2
中堅 野田 4 3 0 0 1
3
遊撃 小澤 4 4 2 0 1
4
捕手 小俣 3 1 0 0 1
5
二塁 櫻井 2 2 0 0 1
6

一塁

北川 4 2 0 0 0
7
左翼 中澤 3 3 1 0 0
8
右翼 伊藤 2 0 0 1 0
9
投手 Jun 3 2 0 0 0
JalanJalan VS JSKL (10/10/24)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
JSKL 1 3 0 1 2     7
JalanJalan 10 0 7 0 X     17

通算成績:1勝0敗0分
投手:Jun
安打:19 
本塁打:小澤1号(3ラン)
小澤2号(満塁)
中澤1号(3ラン)

今シーズン最初のMVP選考会は、試合終了後、ダマンサラのプレスセンターにて開催された。主力を欠きながらも攻守に持ち味を発揮した試合運びに選考会の雰囲気は明るい。候補に挙がったのは小澤新主将と中澤外野手の2名。他にも数字上は有力選手もいたが、記者会に特に強いインパクトを与えた2選手が候補となり、投票の結果、新主将の重責を担いながら4の4、2本塁打、初回7打点が高く評価され、小澤選手が今季初のMVP受賞となった。


第37回大会個人通算成績 
選手名 打 数 安 打 本塁打 四死球 盗塁 今季通算打率
野田 4 3 0 0 1 750
小澤 4 4 2 0 1 1000
小俣 3 1 0 0 1 333
櫻井 2 2 0 0 1 1000
北川 4 2 0 0 0 500
中澤 3 3 1 0 0 1000
友士朗 3 2 0 1 0 666
伊藤 2 0 0 0 0 000
Jun 3 2 0 0 0 666
木村 0 0 0 0 0 000
Zaida 0 0 0 0 0 000

新入部員紹介
 
高野友士朗 選手(野手)
伊藤広樹 選手(野手)
木村好伸 選手(野手)
新沼謙治 選手(野手)

 

開幕戦のハイライトシーン

(クリック拡大可)

期待の大型新人、友士朗。第2の志村となるか!


チームを引っ張る頼もしい兄貴分、野田は
4打数3安打、猛打賞で開幕。
新主将としての初仕事は、4の4、2本塁打の
大暴れ。今季の優勝と三冠王を狙う。

打線と守りの中軸、小俣。シーズン中の帰国が怖い。


左の安打製造機、櫻井は2の2でスタート。

ウィンドミルも関係ない。強打の北川。
伸長著しい中澤。レフトライナー美技と初本塁打で今季は爆発の予感。


新加入、初先発の伊藤。若い戦力に期待。


2年連続開幕勝利投手を授かった、Jun

 
ピッチャーライナー捕球の後ろで派手に喜ぶ櫻井。





 

 

また星野に持っていかれちまったな。今季はこんなろくでもないチームのコラム担当なんていう情けない仕事から足を洗って、星野と代わろうと画策しておったのに、三木谷の馬鹿にごますりおった星野があっさりブラウンの後釜に座りおった。くそおもしろくもない。あのチームは俺じゃなきゃだめだ、と言っとるのに。
それで、今年もまたここか。しょうがない、もう1年付き合ってやるか。それで、振り返って今日の試合? まあよく頑張った方かも知れんが、なんだか見ててアップアップだな。コールドったって、校長先生が10点も献上してくださらなきゃ、この試合同点やで。負けてたかもわからん。まあ、チーム事情が苦しいのはわかるが去年の楽天よりはましやろ。今季は上位チームにウィンドミル速球投手が多い。毎度こんなに一杯一杯じゃ、コールド負けの新記録作るぞ。しっかりと球の中心を叩き、センター方向へゴロで打ち返す。ウィンドミルは崩れるのも早いからな、ネチネチとつないでいけば勝てないことはないだろ。俺も付き合ってるんだ、たまにはボヤくことないよ、って試合を見せてくれ。