2014年 10月12日(日)
Sunday, OCT. 12, 2014


ミツイ戦
ページ内 の写真はクリックで大きい写真が見られます。

第41回KLソフトボール大会開幕戦は、2014年10月12日KL日本人学校グラウンドにて開催された。

JalanJalanの対戦相手は前シーズン破竹の勢いで総合3位まで駆け上がったミツイ。ソフトボール大会の歴史の中で数多くの優勝経験を持つ強豪だ。
前季はJalanJalanもその破壊力のある打線、堅い守りに完敗した相手でもある。
開幕戦で戦うには厳しい対戦相手だが、今季も優勝を狙うJalanJalan、いつかは倒さなければならないとなれば、チーム一丸となって立ち向かっていかねばならない。

しかし、そんな大事な開幕戦にメンバーが集まらない。戦力の揃わない状態でまともに戦えるのか・・・
そんな思いで試合前のウォーミングアップをしていたとき、見覚えのある顔が集合場所に近づいて来た。

吉利亮平!

そう、39回大会で常勝REDSとの全勝対決でREDS打線を沈黙させ、見事にJalanJalanをリーグ優勝に導いた立役者、ウィンドミル豪腕投手の吉利。その試合を最後に日本帰任本帰国となってチームから離脱したその吉利が2日前にマレーシア再赴任となり、奇跡的に日本人学校のグラウンドにその姿を現したのだ。
このサプライズ登場にチームは湧いた。沈滞したムードは吹き飛び、「この試合勝つぞ!」という力がチーム全体に漲ってきた。

JalanJalanの先攻で始まった1回表、柏村、福居の1、2番がヒットで出塁すると4番河村が見事な3ランホームランで4番の大役を果たして3点先取。この3点は吉利には充分かと思われたがミツイの打線はそれほど甘くはなかった。吉利の球速にも大振りせずにしっかりとミートして内野の頭を越えてくる。1回の裏瞬く間に2点を返され1点差。これは厳しい戦いになりそうだ。
2回は両チーム無得点。3回は両チーム3点、とJalanJalanが点を取ればミツイがその裏で取り返す白熱のゲーム。
そして迎えた4回表もJalanJalanはすでに2アウト。なかなか打線がつながらないと思ったところで新人福居がエラー出塁。2アウトランナー1塁で3番吉利。ここで吉利は自分を楽にする2点本塁打を放ち、スコアは8対5に。その裏ミツイを無失点に抑え、3点差で終盤へ。5回表裏に両チーム1点ずつ加点し9対6。
残り2回を吉利が完璧に抑え、結局この3点を守ってJalanJalanはミツイに勝利。前シーズンの雪辱を果たした。



第41回大会開幕戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
三塁 柏村 4 1 0 0 0
2
遊撃 福居 3 1 0 0 2
3
投手 吉利 4 3 1 0 0
4
捕手 河村 4 3 1 0 1
5
中堅 広瀬 3 2 0 0 2
6

左翼

惣路 4 1 0 0 0
7
二塁 大橋 4 1 0 0 0
8
右翼 村山 2 0 0 0 0
8
右翼 宇杉 2 1 0 0 0
9
一塁 野田 2 0 0 0 0
9
一塁 石濱 2 1 0 0 0

JalanJalan VS ミツイ (12/10/14)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
JalanJalan 3 0 3 2 1 0 0 9
ミツイ 2 0 3 0 1 0 0 6

通算成績:1勝
投手:吉利
安打:14 
本塁打:河村1号、吉利1号
MVP

今シーズン初のMVP選考会は試合終了後、新築移転したタマンデサプレスセンターで初めて行われ、開幕戦のMVPは投打に活躍した吉利が満票で受賞した。打撃では河村も大活躍だったが、吉利は先発完投勝利が初勝利に貢献したと判断された模様。
選考会の後、プレスは同会場でそのままプレス新年会を開催した。


 

開幕戦のハイライトシーン

(クリック拡大可)




 

Tokuda




 
 

 


 

監督辞めてGMになって少し楽になるかと思ったらそうでもないのよ。みんなバカばっか。オレも評判悪いのは知ってるけど、勝ちゃいいんでしょ。結局野球ってそういうもんでしょ。
まあほんとは忙しくてノムさんの後、このコラムをオレがやる時間はないんだけどさ、GMがこんな大変だって知る前に引き受けちゃったから仕方ないよね。仕事ってそういうもんでしょ。
さて、JalanJalanの初戦?
開幕戦にしてはチーム状態ができているんじゃない? と言っても吉利があれだけ投げた上にあれだけ打ったんだから野手は足引っ張れないでしょ。打線もクリンナップ以外にもうひと当たり欲しい。
オレは打者出身だからどうしても打撃陣に厳しい見方するんだけど、「来た球を打つ」だけでボックス入ってちゃダメよ。それで通用するのはオレとか王、長嶋クラス。カラダが反応するように訓練ができている。速球だったらどう対応するのか、相手守備陣形やアウトカウントなどの状況からどこにどう打つのか、テーマを持って入らないと上手くならないよ。身体能力を競う戦いじゃなくて各々戦略を競うんだからね。じゃないと魑魅魍魎のAリーグを勝ち進めないよ。ソフトってそういうもんでしょ。