2015年 11月15日(日)
15. NOV. 2015 (Sun)


MITSUI戦
ページ内 の写真はクリックで大きい写真が見られます。

42回KLソフトボール大会リーグ第2回戦は、2015年11月15日KL日本人学校グラウンドにて開催された。

Mr.じゃんけんの今シーズン初じゃんけんはやはり勝利。
昨年から負け知らずのJUN監督、黄金の右腕で後攻を選択。

1回表、先発は2試合連続でA佐藤。昨晩遅くに日本から戻ってきて 体調は今一つながらも初回をきっちり0点。
島田、柏村と守備の中心を欠いた中、素晴らしい立上りを見せる。

1回裏、相手は見た目からは想像もつかない本格派。
JJ打線でも手こずるか?
1番金崎が四球で出塁するとすかさず盗塁。2番宇杉の投ゴロは 金崎の頭脳プレーで野選を誘い、無死一二塁!

さぁ、今日こそクリーンアップが爆発するか?
3番河村、速球を見事にはじき返し2点先制! さらに4番森井。これまた綺麗に捉える。 5番広瀬、四球で続き無死満塁で6番A佐藤。
「今日はポップフライ禁止な、特にクリーンアップ!」
という自らの激に縛られたか内野フライに終わる・・・ が、7番マー君が続き、この回一挙5点! 試合の主導権をつかむ。
2回表、楽勝ムードが漂うJJに悪夢が襲う。
イニング前の投球練習、この日キャッチャーに入ったマー君から セカンドへの矢のような送球は何故かマウンドのA佐藤の左腕に命中! 悶絶の表情を浮かべて崩れ落ちるA佐藤、、、(1回目)
なんとか再開したものの、腕に力が入らず苦しい投球のA佐藤に対し 強打のMITSUI打線が襲いかかる。 あっという間に4点を取られ、5-4の1点差に詰め寄られる。
2回裏、2番3番があっさり倒れて2アウトも頼れる4番森井が 目の覚めるような3ベースヒット! 5番広瀬がきっちり返し、貴重な追加点!2点差に広げる。
3回裏、8番二宮が見事なホームラン。今シーズンのJJ初ホームランにより3点差に広げる。 しかしMITSUI打線も負けていない。 4回表に4点を失い、7-8と逆転される。
4回裏、河村の死球から掴んだ1死2、3塁のチャンス。 ここで代打トモ。 速球に懸命にくらいついた打球は貴重な貴重な同点打! 8-8の同点に追いつく。
5回裏、先頭の代打市川の打球はライト前ヒット! 1番金崎がチャンスを広げ、最強クリーンアップが怒涛の3連打!この回5点を挙げ、13-8と突き放す。
6回表に2点を失い、13-10。まだまだ何が起こるか分からない。
6回裏、田島・二宮・金崎の3連打で一死満塁。 今日まったく合ってなかった宇杉がなんとかつなぎ1点。 さらに満塁のチャンスで3番河村を迎える。
バシッ!!悶絶の表情を浮かべて崩れ落ちるA佐藤、、、(2回目)
ファールボールがA佐藤の足を直撃する。 河村が押し出しの四球をもぎとりもう1点。 さらに満塁で持っている男、4番森井。 この日4本目となるヒットで試合をほぼ決める。 負傷退場のA佐藤に代わる安光もヒットを放ち、 本日の代打3名は見事な大活躍♪ この回6点を挙げ、19-10。もう間違いない。
7回表、ピッチャーは金崎に交代。 代打(小学生)を大人げなく打ち取り1アウト。 次のバッターは平凡な内野フライ・・・
と、宇杉・森井がお見合いし出塁。 (あれが、まさにお見合いです by広瀬)
ここから勢いにのったMITSUI打線に7点取られるも なんとかゲームセット。19-17で打撃戦を制する。 最後は本当に申し訳なかったです・・・。
(レポート:宇杉)


第42回大会最終戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
三塁 金崎 4 3 0 1 1
2
一塁 宇杉 5 2 0 0 0
3
左翼 河村 3 2 0 2 0
4
遊撃 森井 5 4 0 0 1
5
中堅 広瀬 4 3 0 1 0
6

投手

佐藤 3 0 0 0 0
6
代打 藤田 1 0 0 0 0
6
代打 安光 1 1 0 0 0
7
捕手 楠田 4 1 0 0

1

8
右翼 田島 2 1 0 1 0
8
代打 市川 1 1 0 0 0
9 二塁 二宮 4 2 1 0 0

JalanJalan VS Mitsui (15/11/15)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
JalanJalan 5 1 1 1 5 6   17
Mitsui 0 4 0 4 0 2   10

通算成績:2勝
投手:佐藤 - 金崎
安打:20 
本塁打:二宮(1号)
MVP


恒例のMVP選考会は試合終了後タマンデサプレスセンターで行われ、5打数4安打1盗塁と猛打を振るい4番としてチームを牽引した森井が今季初のMVPを受賞した。


第42回リーグ戦 JalanJalan通算成績
選手名 打 数 安 打 本塁打 四死球 盗塁 今季通算打率
柏村 2 1 0 1 0 500
森井 8 4 0 0 1 500
河村 6 3 0 3 1 500
広瀬 8 4 0 1 1 500
宇杉 9 5 0 0 0 556
島田 4 1 0 0 0 250
金崎 8 6 0 1

1

750
佐藤 6 1 0 1 0 167
田中 1 0 0 1 0 000
楠田 5 2 0 1 1 400
田島 3 1 0 1 0 333
藤田 1 0 0 0 0 000
安光 1 1 0 0 0 1000
市川 1 1 0 0 0 1000
二宮 4 2 1 0 0 500

 

最終戦のハイライトシーン

(クリック拡大可)

 

サードーピッチャー 金崎


ファースト宇杉
レフト河村

ショート森井

センター広瀬
ピッチャー佐藤
Tokuda

代打藤田


代打安光
キャッチャー楠田
ライト田島

代打市川

セカンド二宮

 


 

今日は佐藤の不運もあったが打線に助けられた勝利だったね。相手も打線に破壊力のあるミツイだけど17点も取られちゃダメだでしょう。最終回の7点は余計だよ。普通なら19点ももらえるチームじゃないからかなりラッキーだったんじゃない。
まあ上位打線に当たりが戻ってきたのはいい兆し。あとはやっぱり投手陣にもう一歩安定感が欲しい。
守りが苦しい時には打線が引っ張る、当たりの出ない時には投手が抑え込む。
こういう試合ができると負けないよね。ソフトってそういうもんでしょ。今のJalanJalanにはなんとかそれができているから勝てているんだよ。
それにしても今シーズンはスタートから金崎が当たっているね。こういう1番打者がいるとチームに勢いがつく。シーズン通してこのリズムをキープして欲しいね。今季は強豪REDSが調子いいらしいね。こないだノムさんが見てきたって言ってたよ。このレベルの戦い方していると敵わないよー。まあ、頑張って。