2018年 11月18日(日)
18. Nov. 2018 (Sun)


対GUTS戦号
ページ内の写真はクリックで大きい写真が見られます。

監督の衝撃の報告の通り前節は雨天再試合となったJalan Jalan。
反省を生かし、KLリーグのルールブックを前日に再確認し試合を迎えた。

今節の相手は前シーズンの覇者Guts。
全シーズンはリーグ戦、プレーオフと2連敗を喫した相手との一戦。
優勝杯を頂くためには、絶対に倒さなければならない相手。
優勝を本気で狙うJJとしては、いきなり正念場を迎えた。

振り返ること数日前。。
試合に向けて、麺屋大和での会議という名の飲み会を経て決まったスタメン。

5 鈴木
8 内海
3 今村
4 廣井
6 石橋
2 三栖
7 広瀬
9 八木
1 金崎

相手は、リーグNo.1の呼び声が高い八木投手が先発。この投手を打ち崩さなければJJの勝利はない。
波に乗せると手が付けれない相手に対して、監督のじゃんけんにより先攻を獲得。
じゃんけんには負けたが結果オーライ!

1回表
何としても先取点が欲しい初回。いきなり1番鈴木が魅せる。2塁打を放ちチャンスメーク。
続く内海は、相手エラーながら出塁しノーアウト2,3塁のチャンスで3番今村。
今季、(裏)監督からランナーがいたら絶対返せと脅されている今村。ドキドキしながら打席に立つ。
速球に押されながらも1,2塁間を抜くヒットを放ち、ランナー2人を返す。
廣井もヒットで続き、1,2塁とし石橋凡退後の6番三栖。今季になり、鋭い打球を数多く放っている三栖がここでも長打を放ちランナー2人を返す。
続く、広瀬も三栖を迎え入れるヒットを放ち、八木も続く。
9番金崎は相手エラーながらランナーをきっちり返しこの回6点目。
打者10人で6点を先制。
監督命名トマホーク打線が八木投手にも襲い掛かり試合の主導権を握る。6-0

1回裏
先取点を取った後の守備。
JJのエース金崎は、前シーズン出張と言い訳をしてGuts戦の登板を避けていたため何気に初対戦。
金崎の投球がどこまで優勝チームに通じるか。
そんな心配は、どこ吹く風。きっちりと0点で締める。6-0

2回表
初回に大量点を取った後、JJの攻撃が毎試合荒くなることを見抜いている(裏)監督。
ベンチ前に円陣を組み、何としても1点を取ろうとカツを入れる。
しかし、内海、今村と簡単に凡退しツーアウトをとられた後の4番廣井。
ここは簡単に終わらないぞと、しっかりとヒットで出塁。
続く5番石橋が内野ゴロでチェンジと思いきや、相手エラーを誘う。
エラーの間に1塁を蹴って2塁へ積極走塁を見せるが1-2塁間で挟まれてしまう。
無失点かと思った中、最年長石橋が必死の粘りをみせ、その狭殺の間に廣井が生還。
欲しかった追加点を石橋の粘りで、なんとかもぎ取る。7-0

2回裏
追加点を取った後もきっちりと締めたい守りだったが、2連続四球で1,2塁のチャンスを献上する。
しかし、ここからタイムリーを与えず内野ゴロの間の1点のみ、最少失点で切り抜ける。7-1

3回表
ワンアウトから八木、広瀬と連続ヒットで出塁するも走塁ミスも重なり無失点。7-1

このあたりから試合が中だるみをする。決して筆者の記憶が無いから文章が短いわけでは無いと信じて欲しい。

3回裏
無失点で切り抜ける。7-1

4回表
3番から攻撃だったが、3人で終わってしまう。7-1

4回裏
タイムリーは打たれて無いが1失点。7-2

5回表
またまた、ベンチ前で円陣を組むJJナイン。試合の流れを決定付けるべく追加点が欲しいこと確認し合う。
この回、先頭の6番三栖。円陣には参加していないが試合の流れは百も承知。
三栖砲を炸裂させホームラン。欲しかった追加点を奪う。7,8番と凡退後の9番ピッチャー金崎の打席。
点差や疲労を考える三振でいいかなと考えていた筆者だが、きっちりセンターにはじき返して塁上へ。
やはり疲労は溜まっているのか、塁上でふくらはぎがつったとランコーの筆者に訴えてくる。
続く1番鈴木がこの日2本目の長打で1塁ランナー金崎がホームインでこの回2点。
次の回大丈夫かなぁと心配になる筆者。9-2

5回裏
筆者の心配も関係なく、しっかりと0点で抑える金崎。さすがのエース。

6回表
3番から始まるこの回。先頭、今村ヒットで出塁。
続いて開店準備のために帰った廣井に代わり5回から守備に就いていた中村。
前シーズン八木投手から2安打しているだけに期待が持てたがあえなく凡退。
続く5番石橋がきっちりとランナーを返しダメ押しとなる10点目を挙げる。
ここから四球を挟んだ4連打で4点を追加し、この回5点を挙げる。14-2

6回裏
時間的に最終回。金崎が危なげなく抑えるかと思ったがツーアウトからセンターへ大飛球を打たれる。
しかし、センター内海がファインプレーをみせ試合終了。14-2

今シーズン最初の山場を快勝したJJ。
初回にリーグNo.1投手八木を打ち崩して、先取点を取れたのが大きかった試合だと思う。
守備面でも危なげなく、タイムリーを与えず良い流れで試合が出来たと思われる。
しかし、まだ初戦が終わっただけなので、JJナインとしては気を抜かず次節ドリアンズに備えていきたいところだ。


(レポート:今村)

第45回大会第2回戦GUTS戦成績
  守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
三塁 鈴木 4 2 0 1 0
2
中堅 内海 5 0 0 0 0
3
一塁 今村 4 2 0 0 0
4
二塁 廣井 3 2 0 0 0
4
二塁 中村 1 0 0 0 0
5
遊撃 石橋 4 2 0 0 1
6

捕手

三栖 3 2 1 1 0
7

左翼

広瀬 4 3 0 0 0
8
右翼 八木 4 3 0 0 0
9

投手

金崎 4 2 0 0 0

 

MVP

恒例MVP選考会は試合終了後タマンデサプレスセンターで行われた。好調だった打線を反映して候補者が複数あがり紛糾するかに見えたが、打っては4打数2安打3打点、投げてはGUTS打線を2点に抑えた功績を評価されて、金崎が今シーズン初のMVPに選出された。(写真は力投する金崎)


GUTS戦のハイライトシーン

(クリック拡大可)

初参加でトップバッターの大役を見事にこなす
大型新人、鈴木。



バットは音無しだったが守備で貢献、ともき。
打席に入れば相手の脅威、ドカベン今村。
リーグ屈指の長距離ヒッター、廣井。

攻守に冴えるチームの兄貴、石橋。
攻守にチームの要、2安打1本塁打の三栖。
この日も3安打猛打賞。安定の広瀬。


こちらも3安打猛打賞、巧者八木。
投打でチームを引っ張るキャプテン金崎。
ここぞの勝負強さは抜群、監督中村。


カナリヤ軍団、あやとジャスミン。
チームのみんなを見守る、まどか。

 


 

強かったね。こういう何もかも上手くいくようなゲームは滅多にあるものじゃないが、それが大事な一戦で出た。僕としてはツッコミどころがなくて面白くないし、コラムのギャラを貰うのが忍びないんだけど、しょうがないよ。ただ、一つ言えることはマグレでたまたまこんな試合ができたんじゃないということだな。ソフトってそういうもんでしょ。
先シーズン連敗した王者GUTSに対して、その雪辱を晴らすためにチームが一丸となって入念な準備をした。練習にも気合が入っていたし、戦術参謀としての石橋がチームの精神的支柱として常にチームの気持ちを一つにしていたのは大きい。GUTSの絶対的エース、バッテリーは初回からのJJの猛攻、予想外の大量失点ですっかり動揺した。平常心を失っていたのがスタンドからもわかったよ。それはまさに石橋の描いたJJの術中だった。大量点に気持ちが楽になった金崎の前にはGUTSの打線も全く歯が立たなかった。攻守に圧倒した戦いぶりは見事としか言いようがないね。実際言いたくないけど。まあ、でもJalanJalan史上、このチームが最強かな。