2010年 12月19日(日)
Sunday, Dec. 19, 2010

第3回戦

第37回KLソフトボール大会リーグ、第3回戦は、2010年12月19日KL日本人学校グラウンドにて開催された。

今回の対戦相手はアンカー。初回は両チームで1点という投手戦、接戦の様相。ところが、2回裏、大きく試合が動く。中澤の今期2本目の本塁打(先頭) が飛び出し、その後も、安打を重ねて、JalanJalanはこの回一挙5点を奪取。 少し気分が楽になったところで、3回表のアンカー打線に火がつき4点。2点差まで迫られる。しかしJalanJalan、3回裏の攻撃では、新人の中岡、今シーズン初出場のケンジが連続安打。ここからは畳み掛けるように、 2番小澤の今シーズン3本目となる本塁打を皮切りに、3番高山、4番小俣と、3者連続本塁打の一発攻勢で8点差まで広げる。4回アンカーのしぶとい攻撃に2点を失うも、その裏小俣の2打席連続本塁打で、10点差とした。5回の追いすがるアンカーの反撃も、好守でしのぎJalanJalanのコールド勝ちでゲームセットとなった。


第37回大会第3回戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
二塁 桜井 4 2 0 0 0
2
遊撃 小澤 3 3 1 1 2
3
投手 高山 4 2 1 0 0
4
捕手 小俣 3 3 2 1 0
5
左翼 正田 4 2 0 0 0
6

三塁

浅井 3 0 0 0 0
7
右翼 中澤 3 1 1 0 0
8
中堅 中岡 3 3 0 0 1
9
一塁 野田 0 0 0 1 1
9
右翼 ケンジ 1 1 0 0 0
9
右翼 藤田 1 0 0 1 0
JalanJalan VS アンカー (10/12/19)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
アンカー 0 0 4 2 0     6
JalanJalan 1 5 6 4 X     16

通算成績:3勝0敗0分
投手:高山
安打:17 
本塁打:中澤2号、小澤3号、高山1号、小俣1号、2号

MVP選考会は、試合終了後、ダマンサラのプレスセンターにて開催された。
今回は3の3、本塁打1本2盗塁と暴れまわった本塁打リーグ首位の小澤、3の3、2打席連続本塁打の小俣、新人で3の3と大活躍した中岡の3人で投票となったが、相手チーム、審判団の度肝を抜く特大ホームランで勝負を決めた小俣が頭ひとつリードし、久々のMVP受賞となった


第37回大会個人通算成績 
選手名 打 数 安 打 本塁打 四死球 盗塁 今季通算打率
野田 8 5 0 1 2 625
小澤 10 8 3 2 4 800
小俣 10 8 2 1 2 800
櫻井 10 6 0 0 1 600
北川 4 2 0 0 0 500
中澤 9 4 2 0 0 444
友士朗 7 5 0 1 0 714
伊藤 2 0 0 0 0 000
Jun 3 2 0 0 0 666
木村 0 0 0 0 0 000
ケンジ 1 1 0 0 0 1000
高山 8 3 1 0 0 375
正田 7 4 0 0 0 571
浅井 6 1 0 0 1 167
藤田 1 0 0 0 0 000
中岡 3 3 0 0 1 1000

 

よう打ったな。このところ打線にむらがない上に、主軸ばかりでなく、新人選手の活躍が目覚しい。MVPが固定せずに新しい候補がどんどん挙がってくる打線というのは、対戦相手からすると手が付けられんのよ。
だが、怖いのはこうして打線が好調の中で好投手と当たるときや。
リーグ内でも長距離打者が多いJalanJalanは、大振りになる危険をはらんでいる。うまく打てないと「おかしいな」とさらにバットに力みがはいる。
相手の戦力や戦術に対応した攻撃体勢が取れるようにならなあかん。まあ、それは仙台の球団でもようできんのだがな。