2016年 12月18日(日)
18. DEC. 2016 (Sun)


対SOEM 第3回戦
ページ内の写真はクリックで大きい写真が見られます。

第43回KLソフトボール大会リーグ第3回戦は、2016年12月18日KL日本人学校グラウンドにて開催された。
開幕戦から2連勝と順調に滑り出したJalanJalan。第3回戦は速球ウィンドミル投手を擁する古豪SOEM。打線にも定評があるだけに厳しい戦いになるのは必至。それでも、夢の三連覇に向けて負けられない一戦だ。この試合のレポートは島田がお届けする。

先ず、攻撃に目を向ける。第一子妊娠で鉄砲玉を打ち尽くした感がある4番広瀬、カナリアンズの胸元・生足へのチラ見がおさまらない2番森井。打線の要衝を担う二人がポンコツ振りを発揮する中、勝利につながる二ケタ得点を挙げられたのは、紛れもなく、4回表、二死満塁からの5連打(2四死球含む)の口火を切った二宮の一撃である。

普段は何とか工務店の粗品でもらったタオルを首に巻き、野良仕事に来たとしか思えない二宮の首に、この日はタオルがなかった。そう、ようやく二宮も「俺は山へ芝刈りに来ているのではない。ソフトボールに来ていたんだ」と気づいたのである。
立ちはだかるのは速球でならすSOEMのイケメンピッチャー。前2打席の対戦でも四球・エラーとヒットが出ていない。この打席も瞬く間に追い込まれた。
しかし、ここから二宮の逆襲が始まる。この日の審判は右打者のインローに甘かった。当然、イケメンはそこでトドメを指そうと突いてきた。
が、二宮金次郎の末裔、二宮がそれを察しない訳はない。ファールで逃げつつ、徐々にタイミングを合わせる。二宮が三塁線を破るのは時間の問題であった。
その時点でスコアは6-5。どっちつかずだった試合の流れは、この一打で堰を切ってJJに流れ込む。動揺するSOEMイケメンは、続く金ちゃんを四球。昭和の名選手のにおいが漂う高城がクリーンヒットで続いた。ミャンマー民族衣装のロンジーと見まがうダブダブ短パンの田島は、ドレスコード違反で交代せざるを得なかったが、代わり打席に立ったロビンソンは、これまた目の覚めるようなクリーンヒット。
ここまでの連打は、ある意味必然であった。吉利がイケメン対決を不戦勝(死球)でつないだが、森井はあの強烈な打球でも何とピーゴロ。ハレンチな輩には最後まで女神は微笑まないのである。

だが、この後が全くいただけない。吉利が投げていた事もあってか、チームに勝った感が漂い、メンバーの意識はBBQでどうやってカナリアンズにボディータッチするかに完全に移ってしまった。結果、5回、6回は、ロビンソンの三振ショーを除き、全く見るべき所なし。これは折角呼び寄せた流れを逆流させる行為であり、次戦以降は厳に慎まれたい。ソフトで取るべきは得点であり、女性のブラではない。

次にディフェンス。先ず、実はJJの最大の強みはディフェンスの強さである。この日もエラーはたった一つ(SOMEは五つ)。日々修行増のように清廉潔癖な生活を送る島田が見せたようなファインプレーをしろ、とは言わない。色に溺れて汚れてしまったメンバー諸君にはどだい無理だろう。とにかく、投手が打ち取ったあたりを確実にアウトにしていく、これが、Reds、三井など、今後ぶつかる強豪に対するJJの強みである事をしっかり意識したい。

そしてディフェンスの要の要である投手。JJのもう一つの強みは三枚看板を擁する事である。ところが、昨年の胴上げ投手・佐藤主将は、夜な夜な続いたウィスマ・コスウェイでの乱痴気騒ぎがたたり膝を損傷。暫くは昼間の無理がきかないかも知れない。二枚看板でも乗り切れるよう金ちゃん、吉利には更なる奮起を期待したい。特に金ちゃん、向こう1カ月で課題の制球を調整してきてほしい。


(レポート:島田)


第43回大会第3回戦個人成績
守備 選手名 打数 安打 本塁打 四死球 盗塁
1
三塁 投手 吉利 2 1 1 2 0
1
代打 藤田 1 1 0 0 0
2
遊撃 森井 4 0 0 0 0
3
捕手 河村 4 3 0 0 1
4
左翼 広瀬 3 0 0 0 1
5

中堅

島田 3 2 0 1 1
6

右翼

二宮 3 1 0 1 0
7

投手 三塁

金崎 3 0 0 1 2
8
一塁 高城 3 1 0 1 0
9

二塁

田島 2 0 0 0 0
9
代打 吉川 2 1 0 0 0

MVP

恒例MVP選考会は試合終了後スバンジャヤプレスセンターで行われ、SOEM投手を主軸打線がうち倦み試合の均衡が崩せない中、2死満塁から勝利へ繋がる殊勲打を放った二宮が記者投票8割の得票を得てMVP初受賞となった。この日二宮は「田吾作」から「JalanJalan戦士」に脱皮したことでも関係者に大きなインパクトを与え、記者の中からは「田吾作賞」の新設を提案する声もあったがすぐに却下された。


第3回戦のハイライトシーン

(クリック拡大可)

金崎と先頭打者争いをする吉利は
この日先頭打者本塁打で実力をアピール。


今日はカナリアンズの声援を力に変えられず、
ブレーキの森井。バットとボールがすれ違い。

主砲河村はこの日3安打の大暴れ。



球界の盟主JalanJalanの4番に
座った広瀬もこの日は不発。

上位打線ブレーキの中で
重要な得点源となった島田。
「田吾作賞」の声もかかった
値千金ヒットを放つ二宮。
打順を下げて投球に集中。
これからJalanJalanを背負うホープ金崎。

男は黙って仕事する。
いぶし銀の野球職人高城。

試合の表裏でチームを
支える田島。
打撃に守備に伸張著しい
大学生ファイター藤田。

日本人学校グラウンドでも軽く柵越え、
超大会級スラッガー吉川。

試合が終わってみんな帰っても
よくわからない世界観の夫婦。

 


 

ユニフォーム脱いだらすっかり体弱っちゃってさ、インフルエンザ罹っちゃったんだよ。それでこの試合は見てない。だから何にも書けないわ。ソフトってそういうもんでしょ。また次の試合で。