山森 淳(Jun Yamamori
生年月日 1959年7月4日 (57才) 趣味 写真
生まれ/育ち 香港(3才迄)/東京 杉並(西荻窪) ーツ 水泳(浜名湾流古式泳法、平泳ぎ)、テニス、スキー
ロードバイク、KLソフトボールリーグ ”JalanJalan”監督
家族 妻、一男、一女 マレーシア歴
/ タイ歴
在27年目 / 在17年目
Twitter "@YamamoriJun" Facebook "Jun Yamamori"



★☆ 今日のひと言 ☆★

2017年04月19日(Wed) 内定!

ベルギーとタイの時差は5時間。

時差ぼけ対策のために長い時間起きていたからか、旅の疲れからか、昨日は帰宅して飯を食った午後8時には目を開けていられなくなって就寝。

そして今朝6時に起こされるまで久しぶりに10時間の爆睡。

さて、ソンクラン前に大勢の面接をしてきた日本人候補者の中から1人内定者が出ました。

27歳女性、現在日本在住。

これから移住の準備を始めて来月半ばくらいからウチの新しいメンバーとなります。

こうして海外でずいぶん長く日本人の面接をしていると総じて女性の方がしっかりしている、安定感があるなーという感想を抱く。

誤解を恐れずに言えば、ウチのユキにしろ、ナミにしろ、今回の内定者にしろ、単身海外に将来を賭けようという女性だからちょっと変わったところも併せ持つんだけど、ヤワでないことは確か。

その点、男性はヤワなんだなー。

日本の取引先会社がどこも男ばっかなのがオイラには信じられないよ。

今年初めに採用した海老君もかなりヤワなので、今日本の提携先に出向させて鍛えてもらっているんだけど一皮剥けて逞しくなるといいんだけど。

ということで、来月半ばから3人娘体制で会社をガンガン引っ張ってってもらいます。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
突> YUKIKO (2017年04月21日(Fri) 02:56)

日本人男性は日本国内の男社会文化に適応できるように子供のころから矯正されてるから、日本では期待通りに輝けるけど(不条理な上司にも過重労働にも低賃金にも耐えられる)、国外では期待されるものが違い過ぎて残念なことが多いのではないでしょうか。

本当に日本で仕事していると、逆に日本に適応できる女性は過酷な労働に苦しむ男性をフルタイムで癒して家庭を守れる女性で、そうじゃない指向の人は日本を出る以外の選択肢がないような気がしてきます。海外に出てくる日本人女性が優秀でやる気があるのは当然のこと。日本では能力が活かせないのですから。

突> Jun (2017年04月21日(Fri) 05:02)

>YUKIKO
うー、もったいない話だノォ。オイラが不思議なのはおっつぁんの多い大企業ならまだしも、20代、30代の若いベンチャーもほとんど男ばっかでやってんだよね。

突> YUKIKO (2017年04月21日(Fri) 08:50)

>Jun
若いベンチャーの男の子たちも、価値観においてはオジサン世代の洗礼を受けていて呪縛から逃れられないか、20代30代の女の子の方が、サポートに回って気が利く愛され女の子ポジションを捨てられないかのどちらかか両方じゃないかな。大学院でも、私が一緒に研究を始める経営学の教授のゼミは男子校と呼ばれてます。ベンチャー気質に富んだ優秀な子が多いけど、女子は本当に数人です

突> Jun (2017年04月22日(Sat) 04:15)

>YUKIKO
じゃあ、まだまだしばらく日本はこの状況が続くんだなー。

突> まさ (2017年04月22日(Sat) 06:18)

うちの女性幹部も怖いです。。。

突> Jun (2017年04月25日(Tue) 03:23)

>まさ
な、なんかホントに怖そうw

お名前:
E-mail:
コメント:
本日のリンク元

過去のひと言
2017年
4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


Modified by JalanJalan時差
Modified by JalanJalanRSSとATOMフォーマット
(No./)