山森 淳(Jun Yamamori
生年月日 1959年7月4日 (58才) 趣味 写真
生まれ/育ち 香港(3才迄)/東京 杉並(西荻窪) ーツ 水泳(浜名湾流古式泳法、平泳ぎ)、テニス、スキー
ロードバイク、KLソフトボールリーグ ”JalanJalan”監督
家族 妻、一男、一女 マレーシア歴
/ タイ歴
在27年目 / 在17年目
Twitter "@YamamoriJun" Facebook "Jun Yamamori"



★☆ 今日のひと言 ☆★

2017年10月30日(Mon) ありがたき非国民

「ちょっと日本人としては扱えませんね」

オイラはうなだれ気味に神妙な面持ちでその言葉の意味を考えていた。

場所は浅草警察署、相手は交通課の女性巡査だ。

日本に一時帰国した日、浅草の路上パーキングメーターに300円を投入し、天麩羅屋で昼飯食っている間に「駐車違反」のステッカーをフロントグラスに貼られたのだ。

20分の超過だった。

その日は時間がなかったのでそのまま箱根に向かい、帰国日成田空港に向かう道すがら反則金を支払うために浅草警察署に立ち寄った。

台風が北上してきた雨の激しい昨日のことだ。

オイラがバンコクで取得した国際運転免許証とパスポートを提出すると、

「日本の免許証は?」

と彼女は訊いた。

「日本の免許証はすでに失効していて国際免許証でレンタカーを借りました」

「パーキングメーターの使い方も知らなかったんですね?」

これはもしかしたら彼女が助け舟を出してくれているんではないだろうか、と思ったオイラは

「そおなんです、もう20年以上も日本を離れていて使い方がわかりませんでした」

「あとで精算すると思ったんですか?」

「そおなんですぅ、超過した分は後で追加精算すればいいのかと。この間乗った電車がそうだったので・・・」

ここで、冒頭のセリフに繋がる。

「ちょっと日本人としては扱えませんね。とは言え外国人用の誓約書は英語なので、こちらの指示通りに誓約書を自分で書いてもらえますか?」

「はい、わかりました」

そして、オイラが書いたのが

この自筆の誓約書だ。

そして、日本人じゃないという扱いで特別に駐車違反を許してもらうことができた。

外国人の場合は、こうして誓約書を警察署長宛に提出することで許してもらうことがあるのだそうだ。

そして、オイラも日本人じゃなくてほんとによかったと思った。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
突> YUKIKO (2017年10月31日(Tue) 18:36)

今日これとちょうど逆のことがありました。LAのDMVに運転免許の実技試験を受けに行ったら、私の古いカリフォルニア州の免許と、マレーシア、日本、イギリスの免許を見せたところ、こんなにたくさん免許があるなら試験は要らないよ、と免除してくれましたヽ(´ー`)/ 。わーい。

突> Jun (2017年11月02日(Thu) 03:08)

>YUKIKO
その緩さはありがたいね。実際、それだけ運転していれば試験の意味はないだろうけど、日本だったら免除はないよな。

お名前:
E-mail:
コメント:
本日のリンク元

過去のひと言
2017年
10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


Modified by JalanJalan時差
Modified by JalanJalanRSSとATOMフォーマット
(No./)