山森 淳(Jun Yamamori
生年月日 1959年7月4日 (59才) 趣味 写真
生まれ/育ち 香港(3才迄)/東京 杉並(西荻窪) ーツ 水泳(浜名湾流古式泳法、平泳ぎ)、テニス、スキー
ロードバイク、KLソフトボールリーグ ”JalanJalan”と
"J Brothers"の総監督、BKKソフトボールリーグ"おぼんこぼん"の監督
家族 妻、一男、一女 マレーシア歴
/ タイ歴
在29年目 / 在19年目
Twitter "@YamamoriJun" Facebook "Jun Yamamori"



★☆ 今日のひと言 ☆★

2019年05月02日(Thu) 絶望のマレーシアイミグレ

マレーシアではパスポートの電子登録をしてあるので「e-Gate」という無人ゲートにパスポートと指紋をスキャンするだけであっという間にイミグレを通過できるのだが、唯一エアアジアなどLCCが発着するKLIA2の出国審査だけはこの「e-Gate」がないのでイミグレカウンターを通らないといけない。

一昨日KLからバンコクに出国するときKLIA2の出国審査は、審査場から搭乗客がはみ出るほどごった返していた。

最後尾に並ぶと審査通過まで1時間から1時間半程度かかる。

オイラはLCCでも必ず2時間余裕みて空港に向かうのでトラブったことはないが、多くの人がフライトの1時間前程度でやってくるので、このイミグレの列を見てパニックになる。

で、どうなるかというとボーディングパスを見せながら

「すみません!すみません!」

を連呼して列の前へ向かってグイグイ横入りしていくことになる。

これがたまたま何かの不運で遅れた人が1人頭を下げる分には皆寛容に入れてあげるのだが、これがもう後から後からものすごい人数が

「すみません!すみません!」

で自分たちを追い越して横入りしていくわけだから、そもそも余裕を持ってきた我々も自分たちの順番がちっとも進まず審査場はすこぶる険悪な空気に包まれていくのだ。

横入りしようとする家族連れと、すでに並んでいて「もういい加減にしてくれ」という家族連れが体で押し合うような場面が繰り広げられる。

こういう状況でもなんの策もなくダラダラやっているのが

マレーシアのイミグレ

なのである。

1時間少し経ってからようやく自分の審査になったときにオイラはイミグレ担当官に

「ちゃんと対策しないとどんどん列が膨れ上がって、後から来た間に合わない人がどんどん列の前に横入りして前から並んでいる乗客が間に合わなくなっちゃうよ」

と、忠告した。

ほっかむりをした女性のイミグレ担当官をチラッとオイラを見て

「おお〜」

とほざいただけだった。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
突> 駐在君 (2019年05月06日(Mon) 00:40)

数ヶ月前ですがKLIA2にもForeigner e-Gateありましたよ、もう閉鎖されたのかな??? ただ見落としやすいとこにあるので探す前に聞いたほうがいいです。マレーシアではググレカスとか言われないので 笑

突> 駐在君 (2019年05月06日(Mon) 00:50)

あ、これ出国の話ですね、私が見たのは入国でした...

突> Jun (2019年05月06日(Mon) 04:51)

>駐在君
そうそう、出国審査。そこにいた一番偉そうなイミグレ係官に「出国のe-Gateはできないの?」って尋ねたら「あってもいいけどねぇ、今んとこ作る予定は全然ないよ、がははははは」と笑ってたよ。

お名前:
E-mail:
コメント:
本日のリンク元

過去のひと言
2019年
5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


Modified by JalanJalan時差
Modified by JalanJalanRSSとATOMフォーマット
(No./)