山森 淳(Jun Yamamori
生年月日 1959年7月4日 (60才) 趣味 写真
生まれ/育ち 香港(3才迄)/東京 杉並(西荻窪) ーツ 水泳(浜名湾流古式泳法、平泳ぎ)、テニス、スキー
ロードバイク、KLソフトボールリーグ ”JalanJalan”と
"J Brothers"の総監督、BKKソフトボールリーグ"おぼんこぼん"の監督
家族 妻、一男、一女 マレーシア歴
/ タイ歴
在29年目 / 在19年目
Twitter "@YamamoriJun" Facebook "Jun Yamamori"



★☆ 今日のひと言 ☆★

2019年10月03日(Thu) 特別資格

カミさんが来月ラオスに行って「象使いの資格」を取得してくると言い出した。

オイラに何があっても自活していけるように手に職をつけると言っても

「象使い」

にそんな需要があるのだろうか?

象の飼育ならまだ動物園とかサファリパークとか動物関連の仕事に就けるかも知れないが、

「象使い」

だからね。

とても老後が安定するとは思えない。

これが終わったら次は

「蛇使いの資格」

とか言い出して

「レッドスネークカモン」

とかやり出すんじゃないだろうか。

本日のリンク元 | 130 | 1 | 1 | 1 |

2019年10月04日(Fri) 週末

今朝のフライトでカミさんは1人でKL行った。

日本から来る友人とKLで合流してブリッジをやるらしい。

オイラはバンコク1人週末なのであれもしたい、これもしたい、が湧き出てくるのだけど、とりあえず今晩は息子と2人で酒を飲みに行くことにした。

明日は久しぶりにバンコク撮影トリップでもしようかな。

それともロードバイクで遠出してみようかな。

もしくはのんびり温泉&マッサージかな?

水泳もやらないと。

映画も観たいの溜まってるから三昧するか?

たまにはハンモックに揺られて日がな読書も悪くない。

明後日のソフト試合に備えてバッティングセンターも欠かせないぞ。

綱川くんを日本から呼んでカラオケラウンジもありだな、ボトル残ってるし。

.

こうしてみると還暦にもなってまるで成長がないな。

本日のリンク元 | 71 |

2019年10月05日(Sat) 二人酒

前に今度酒飲みに行こうと息子に誘われていて、カミさん不在の昨晩、居酒屋ばんやに出かけた。

カウンターに並んで座る。

「何飲む?」

と息子に訊くと

「日本酒飲んだことないから日本酒飲んでみようかな、熱燗で」

ということで常夏のバンコクで息子と居酒屋で熱燗。

しかも息子が注文するのは、羽根付き餃子、鶏の唐揚げ、自家製コロッケ・・・と母親の作る、しかも揚げ物ばかり。

油っこい料理に熱燗というチグハグな組み合わせながらそれでも大いに息子と2人の宴を楽しんだ。

息子にはまだ回復の見通しの立たない病気療養中の彼女がいる。

その彼女を日本に残して1年。

自由に電話やLINEを交わすこともできない遠距離交際が心の負担になっている。

早く良くなってバンコクで一緒に暮らせるようになって欲しい。

そんな時が来るといいなぁ、とお猪口を合わせて乾杯した。

本日のリンク元 | 160 | 1 | 1 | 1 |

2019年10月07日(Mon) ナナプラザ

昨日はマレーシアからやってきたJalanJalanソフトボールの主力4人が、来週の開幕戦前の調整のためバンコクソフトボールチームおぼんこぼんにジョイン。

通常の3試合に加え、1時間の居残り試合でみっちり体を動かした。

土曜日の午後バンコク入りした彼らと晩飯を食ってから久しぶりにナナプラザのGOGOバーに行った。

コの字型建物の中庭スペースもずいぶんきれいにリノベーションされて相変わらずの活気だった。

4人ともGOGOバーの経験はなかったので、歩きながら客引きの女の子に抱きつかれるその雰囲気に圧倒されていた。

ニューハーフのお店の前で年下の星太が先輩から「入ってこいよ」と押されて

「こわい、こわい!」

とつい声を出してしまい、店の前にいたニューハーフたちから

「こわくねーよ!オラ、も一度言ってみろ!」

と野太い声で凄まれて泣きそうになっていた。

店内に入ってもしばらく膝の上に手を置いて黙って見ている彼ら。

「女の子指名しないとこのまま終わるよ?」

とけしかけると、お前から誰か指名しろよ、いやお前だろ、と押し付け合う。

結局4人でじゃんけんを始める。

小学生か。

2軒ハシゴしたところで

「今度はあの店入る?」

とだんだんエンジンのかかってきた彼らを残しオイラは抜けて帰った。

10年前ならとことん付き合ってやれる体力あったんだけどなー。

本日のリンク元 | 172 | 1 |

2019年10月09日(Wed) 病み上がりで

昨日は午後からどうも熱っぽくて具合が悪いなぁ、と思っていたけれど、夜にはクライアントの社長とサシ飲みが入っていたので帰るに帰れず。

スクムビット23の奥の方にある六角というおしゃれな串焼きダイニングへ。

すでにボワンとしているところにシャンペンやビールが入り、手を首筋に当てると結構熱くなっていた。

多少正気じゃなかったこともあってクライアントの社長に

「せっかくポテンシャルのあるプロジェクトなんだからもっとちゃんとやってくださいよ」

と散々説教じみたことをしてしまった。

これは普通、クライアントがベンダーに言うセリフだ。

帰宅すると相当具合が悪くなっていたのでまだ早かったけれどベッドに。

いきなり悪寒が襲ってきて掛け布団を首までかけてもガクガクブルブル震えた。

明日は少し様子を見て、と思いたいがKL行きのフライトが朝一で、夜中の3時に起床。

就寝時に服用した日本の風邪薬が効いたのか、なんとか熱を抑え込み荷物をまとめてGrabに乗り込んだ。

健康体でもBKK-KL往復は堪えるようになってしまったのに体調不良のときにはキツい。

本日のリンク元 | 300 | 1 |

2019年10月12日(Sat) 友の帰国

KL生活では仕事もプライベートもコンビを組んでいたNTTDATAのノリさんが昨日とうとう「後任者」を紹介しに来た。

年内を目処に彼は日本に帰ってしまう。

別れは辛いけど、辛い別れがあるということはその人とのそれだけ多くの幸せな時間があったということだから感謝をしよう。

たぶんまたかなり高い確率で彼とは一緒に仕事をすることになるだろう。

根拠はないけど。

明日はKLソフトボール新シーズンの開幕戦。

ノリさんをセンターに背負って投げるのもあと3回くらいか。

初戦の相手は未だ勝ったことのない最強アンカーだが、今度こそぜってぇ勝ってやる!

本日のリンク元 | 183 | 3 | 2 |

2019年10月14日(Mon) ワールドカップラグビー

昨日はラグビーWC日本対スコットランドを観なかった。

オイラが観ていると応援しているチームや選手は負けるのであえて心を鬼にして観なかった。

ときどき観る野球中継も観ていると負ける。

CS巨人ー阪神もオイラが観始めた時は3−1で勝っていたのにそのまま観ていたら逆転負けした。

勝ち知らずだ。

だからKLのアパートでひとり、LINEでカミさんからメッセージ中継をしてもらい、Twitterで戦況を追った。

試合開始後しばらく観ていたらすぐに7−0になったのでいかんいかんと思ってテレビを消した。

そして案の定、日本がスコットランドに勝った。

試合後の特番でトライシーンを観ていくのは少し寂しいけれど、これも日本国民のためだと思えば仕方がない。

日本のために自己犠牲を強いる。

決勝リーグはさらにエキサイトするだろうけど、やはり観ない。

本日のリンク元 | 181 | 1 | 1 | 1 |

2019年10月16日(Wed) オンライン予約

9月15日からちょうど1ヶ月間、ホテル予約サービスアゴダとメール応酬での死闘を繰り広げていた。

年末旅行のホテル予約をしたところ、一つの宿で同時に二つの決済が行われたからだ。

すぐにメールで1回しか予約していないからもう一つは取り消して欲しいとメールをしたが、

「この予約は取り消しのできない条件で、当社のシステムでは2回予約されている」

と突っぱねられた。

カード決済銀行であるCITIBANKのカードセンターに相談したら

「確かに同時に2つのホテル予約が決済されていてお客様側の落ち度とは考えにくい」

とオイラの主張を受け入れてくれた。

ただ、CITIBANKにはマーチャント側の合意なく決済を取り消すことができないのでアゴダに対して説明のリクエストを送るにとどまるらしい。

その後もオイラは決済画面やCITIBANKからの決済通知画面のスクショを証拠に同時に同じ予約を2回入れるのは不可能と主張したがアゴダ側は

「こちらのシステムに不具合はない」

「あなたがホテルと交渉し、キャンセルできたら対応する」

といった対応に終始した。

なぜオイラがオイラの落ち度ではないのにホテルにキャンセル交渉をしなければならないのだ?

CITIBANKに再度相談すると、

「それはお客様の責任ではなく、アゴダ側がホテルと交渉すべき」

と真っ当な判断をしてくれたが、CITIBANKがアゴダと交渉してくれるわけではない。

ようやくアゴダ側が

「ではアゴダの方でホテルにキャンセル交渉します」

ということになったが、結局10日ほど待たされた挙句

「ホテルはキャンセルを認めませんでした。よってこの予約のキャンセルは認められません」

とまた振り出しに戻る。

「システム上のエラーは報告されていない」

「しかし、私は予約をしていないし、同時に2つの予約決済を行うことは不可能だとCITIBANKも言っている」

と応酬が続いた。

そして、今朝、アゴダから

「こちらのシステム上はエラーが発生していないため、あくまでお客様の操作ミスで予約が2回発生したことになりますが、社内で事情を検討したところ、今回に限りましてアゴダコインとしてご返金対応することに致しました」

と譲歩案が送られてきた。

アゴダコインとはアゴダの予約サイト上でしか使えないコインだが、金額は全額返金なのでこの譲歩案を受け入れることにした。

長くイライラするやり取りだったし、「お客様のミス」の捨て台詞は余計だと思うけど最終的に「勝訴」を勝ち得てうれしい。

本日のリンク元 | 119 | 1 |

2019年10月17日(Thu) 今週の山場

今日は日本の新規化粧品クライアントにオンラインでプレゼン。

これが今週の山場だったので無事に終わってホッとしている。

そうだな、最初のコンタクトから受注確定までがすごろくだとすると、今日は中間地点で二つのサイコロの目が合わせて12を出した感じ。

だいぶ前に進んだ。

まあまだこの先には「一回休み」だとか「振り出しに戻る」なんて枠がたくさんあるから慎重に駒を進めていこうと思う。

明日は午前中またオンライン会議があって、午後のフライトでバンコクに戻る。

なんだかんだ言ってこのバンコクとKLの大きな環境の入れ替えが気持ちの新陳代謝を促して正気を保って仕事ができているのかも知れない。

問題は体力的な問題ね。

出社前か帰宅後に1,000〜1,500m泳ぐ習慣はちゃんと続いていて、ちゃんと続けば体力維持に寄与できるんじゃないかと思っている。

ただこれからバンコクは涼しくなるからね、もう朝夕の水泳は難しいかな。

本日のリンク元 | 301 | 4 | 2 | 1 |

2019年10月21日(Mon) 温泉ビジネス

金曜日の夜にバンコクに戻り、土曜日は1日中湯の森温泉に入ってた。

湯の森温泉はさぞ日本人が多かろうと思いきや、意外に多いのは欧米人だ。そしてもちろんタイ人富裕層。日本人比率はそれほどでもない。

「カラオケ」と同様、「オンセン」という独特の文化が日本観光経験者が増えるに連れて世界に広まっている。

マレーシアでも日本の温泉体験者が増え、温泉に入りたいというマレーシア人が増えてきた。

で、とうとうKL市内にも温泉施設ができるらしいが、きっと流行るだろう。

これから海外で日本人が成功できるビジネスモデルは甘味喫茶チェーンと温泉施設だ。

湯の森でも施設内レストランでかき氷やクリームあんみつを食べてるタイ人たくさんいたしね。

本日のリンク元 | 70 | 1 | 1 |

過去のひと言
2019年
10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


Modified by JalanJalan時差
Modified by JalanJalanRSSとATOMフォーマット
(No./)