山森 淳(Jun Yamamori
生年月日 1959年7月4日 (60才) 趣味 写真
生まれ/育ち 香港(3才迄)/東京 杉並(西荻窪) ーツ 水泳(浜名湾流古式泳法、平泳ぎ)、テニス、スキー
ロードバイク、KLソフトボールリーグ ”JalanJalan”と
"J Brothers"の総監督、BKKソフトボールリーグ"おぼんこぼん"の監督
家族 妻、一男、一女 マレーシア歴
/ タイ歴
在29年目 / 在19年目
Twitter "@YamamoriJun" Facebook "Jun Yamamori"



★☆ 今日のひと言 ☆★

2019年11月01日(Fri) 珍しくお洒落なタイレストランで

昨日はバンコクに駐在する従兄弟の招待でエカマイの「Khao」という高級タイレストランに行ってきた。

外観も内装もタイ料理屋には見えないモダンでお洒落なデザイン。

もともとマンダリンオリエンタルの料理長だったシェフの創作タイ料理ということで、今まで食べたタイ料理の中で一番美味しかった。

味に深みや複雑さがあってただ辛いだけ甘いだけのタイ料理とは違う世界だった。

 

左上は海老とポメロのサラダ。大きな海老がドンと入っていてココナッツミルクで海老やチキンのミンチなどを絶妙なバランスで和えてある。写真右はココナッツミルクでまろやかに仕上げたカニがたっぷり入ったタイ南部風カレー。これはご飯を食べ過ぎてしまう。

.

 

写真左はカニオムレツ。外がパリパリで中がジューシー。写真右は海老とイカのすり身の黒御影石揚げ。外側のサクサクと中の柔らかさ、すり身のハーモニーが口の中でとろける絶品。

.

客層は欧米人と金持ちタイ人の若者たち。

ちょっとキメたい時にいいかも。

本日のリンク元 | 188 | 2 | 2 | 1 |

2019年11月03日(Sun) SONGS

昨日のNHK「SONGS」槇原敬之、観た?

もう最高だった。

槇原敬之、ファンでもないし、アルバムの1枚も買ったことないけど、痺れた。

カバー曲を3曲歌うんだけど、それぞれの曲や歌詞のエピソードがもともとの素材を何倍にも引き立てるスペシャルグレイビーになっていた。

松任谷由実「Hello, my friend」

フジファブリック「若者のすべて」

エルトンジョン「Your Song」

どれも心震わす。

カバーってちょっと下に見ていたけど、ここまで研ぎ澄ませられるのか。

再放送が、

11月23日(土)日本時間深夜1:40〜 (金曜深夜ってこと)

観られなかった人は、絶対観て!

本日のリンク元 | 202 | 1 |

2019年11月05日(Tue) 悟り

今週8日金曜日にオイラの会社がセミナーを開催する。

Googleのテクノロジーを活用してこれからどうやって企業売上を向上させるか、というテーマ。

今までのセミナーは大抵3社か4社の共催でやってきたが、今回はウチの会社の単独ライブ。

だから講演の時間配分やスライドの1枚1枚の作り込みを細かく詰めている。

タイ人経営者やマネージャーに向けたセミナーなので登壇者はウチのタイ人スタッフとオイラの二人なのだが、その登壇者であるナイは、まるで緊張感も切迫感もなくフラフラしているので講演内容を作成している娘が重いストレスを感じている。

「どうして平気なの?」

「なんで笑ってフラフラしていられるの?」

と険しい顔でオイラに訴えてくるが、それがタイ人というものなのだからしょうがない。

その能天気さに娘は胃を病むが、オイラはもうその域は脱して、最近はもはや「いとおしさ」すら感じるようになってきた。

タイで働く、ということの解脱である。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

突> ヒラノ [そういう山森くんも、いつも堂々としてました。 テレビに出ている姿も余裕でした。 その時からタイの水に合っていたと..]

突> Jun [>ヒラノくん あれはテレビ出ているとか言わないから。観客席が映っただけだからオイラが余裕かどうかわからんでしょ。。]

本日のリンク元 | 274 | 5 | 1 | 1 |

2019年11月08日(Fri) セミナー講演してきます!

「ひと言」開いちゃってごめんね。

今日は午後からアソークのウェスティンホテルでセミナー。

昨日早朝日本から出張者2人を迎えて終日リハーサルや最終調整を行った。

今日も午前中いっぱい、ギリギリまで細かい確認をやってるので、また改めて来るね。

どうかうまくいきますように!

本日のリンク元 | 114 |

2019年11月09日(Sat) セミナー終了

セミナー、無事終了したよ。

観衆は全員タイ人なんだけど、タイ人は日本人に比べて素直に笑ったり頷いたり反応が優しいのでこちらがどんどん乗ってくる。

そういう時は普段出てこない英語の単語や言い回しが降ってくるのでいいパフォーマンスができる。

 

娘がMC席でセミナー全体の進行をサポートしている、というのも初めての環境だった。

セミナー後すぐに数社から次のアポの要請があった。

データマーケティングやCRMといったテーマは昨年に続いて2回目だが、前回よりだいぶ反応がいい。

のんびりしていた人々もいよいよ変革を迫られているのだ。

本日のリンク元 | 210 | 4 | 1 |

2019年11月11日(Mon) どんべ

昨日は年に2回のバンコクソフトボールトーナメント大会。

出場チーム8チーム。

そして、我らがおぼんこぼんは、全敗で最下位。

もう惜しくもなんともない堂々としたダントツのビリ。

打てないし、守れない。

「次の回からセカンド入って!」

「監督、セカンドってどの辺りですか!」

てな会話に仰け反るタコ監督。

漫画で見るような史上最弱チームだった。

それでも楽しくソフトボールをプレイする。

それがおぼんこぼんスタイルだ。

監督としてはそういうしかねーだろ、これ!

本日のリンク元 | 86 |

2019年11月12日(Tue) ジャカルタへ

日本のパートナー会社のリージョナルミーティングに参加するため、今日から2泊3日で娘とジャカルタ出張。

ジャカルタの空港イミグレで娘が「サイトシーイング」ではなく「ビジネス」と答えたため、オイラも含めて2人ともビザの取り直しになるという不幸に見舞われたが、なんとかホテルにチェックインし、夕食の合流を待っている。

ジャカルタの渋滞はひどく、また空も遠くが見渡せないほど白く濁っている。

このよくわからない「リージョナルミーティング」を早く終わらせて帰りたい。

バンコクもKLもいろいろ立て込んでいて年の瀬に向けてとても忙しいのにこんなところにいてホテルの窓から街を見下ろしていると気持ちが焦ってくる。

こんな気持ちの乗らない出張は初めてだ。

本日のリンク元 | 219 | 1 | 1 | 1 |

2019年11月15日(Fri) 蘇るセリフ

「山田洋次監督というのは天才だな」

今年74歳になる日本のコンテンツ業界の重鎮が話し出した。

彼は学生時代から映画、演劇、文学、歌謡など日本のエンターテイメントコンテンツにずっと携わってきた業界でも有名なコンテンツのドンでもある。

日本やインドネシアのパートナー総勢9名でランチミーティングをしているときに往路の全日空機内で観た「男はつらいよ」で涙を流したエピソードを紹介したのだ。

オイラも寅さんはシリーズ49作を何周も繰り返し観ているので大いに彼の言葉に頷き、

「機内でご覧になった寅さんのマドンナは誰ですか?」

と訊いた。

「京マチ子だな」

オイラはすぐに「寅次郎純情詩集」の場面が思い浮かんだ。

ドン「それでもう一人娘役で・・あれは・・・」

オイラ「檀ふみですね!」

ドン「おう、よく知ってんな」

知っているも何もすでにオイラの脳裏には、庭先が落ち葉でいっぱいになっている秋の夕暮れ、縁側に腰掛ける寅さんと檀ふみのシーンが鮮明に蘇っていた。

オイラ「あの檀ふみのセリフが泣かせるんですよね」

と少し圧されているドンの前で檀ふみのセリフの通り、ゆっくり間をとって

「ねえ、寅さん。寅さんはお母様のことを愛してくれた?」

と演技をする。

その情景や心情が胸に迫ってきてその場で涙がこぼれてきてしまった。

なんかいきなりタコ社長が泣き出した。

そもそも話題についていけていない他の7人はもちろん、ドンまでも固まってしまった。

.

あとで聞いた話だが、ホテルに戻ってこのドンは同行メンバーたちに言ったらしい。

「アイツはすごいな、天才だな」

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

突> YUKIKO [いや天才ですよ。社長にしておくのが惜しいくらいのw。きっとドンを黙らせた天才として伝説になります。]

本日のリンク元 | 88 | 1 |

過去のひと言
2019年
11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Modified by JalanJalan時差
Modified by JalanJalanRSSとATOMフォーマット
(No./)