山森 淳(Jun Yamamori
生年月日 1959年7月4日 (58才) 趣味 写真
生まれ/育ち 香港(3才迄)/東京 杉並(西荻窪) ーツ 水泳(浜名湾流古式泳法、平泳ぎ)、テニス、スキー
ロードバイク、KLソフトボールリーグ ”JalanJalan”監督
家族 妻、一男、一女 マレーシア歴
/ タイ歴
在27年目 / 在17年目
Twitter "@YamamoriJun" Facebook "Jun Yamamori"



★☆ 今日のひと言 ☆★

2017年07月19日(Wed) 部下の働きで大山を乗り切る

今日は仕事の話なんだけどごめんな。

午前と夜に珍しく大仕事が重なって、それが「たいへんよくできました」だったのでオイラはほんとにうれしいんだわ。

午前中は、日系家電クライアントの経営幹部たちへのプレゼン。

前半のコンセプト部分はオイラが演ったんだけど、後半の具体案の説明は今日初めてナミに任せてみたんだよ。

見事に堂々とやりきってね、クライアントからもお褒めをいただいて、承認ということになったんだ。

これは彼女にとってもとても大きな自信になったと思う。

22歳で単身バンコクに乗り込んできて、4年でここまで成長したんだね。

オイラ、26〜27歳の頃なんて、クライアントでの発言なんてありえなかったからね、おっちゃんたちの中で黙ってノートとってる書記だよ、書記。

それが企画作ってプレゼンして、大企業の経営陣を唸らせるんだから頼もしいよ。

.

一方、夜の部では、伊勢丹のフォトコンテスト終了に合わせた表彰セレモニーイベント。

こちらは若き女子ベロニカが、全ての手配を一人で切り盛りし、こちらもクライアント各社から感謝される見事な仕切りを見せた。

オイラは、彼女の書いた台本に沿って表彰式で短いスピーチをしただけ。

 

ほんとに優秀なスタッフがいるとタコ社長は楽なんだよ。

それでもやっぱりちょっと疲れてんだろうね、表彰セレモニーを無事に終えて晩飯食いに行こうかと思ったんだけど、全然食欲なくてね。

晩飯抜きでホテルの部屋に戻って今日は休むことにするよ。

本日のリンク元 | 91 | 1 |

2017年07月18日(Tue) 納豆!

最近、マレーシアチームのジョンとベロニカと一緒に盛り上がっているのが

「納豆◯◯」

もともとジョンが世界で一番納豆が好き、と言う珍しいマレーシア人。

もともと納豆を避けてきたベロニカも勧められて試しているうちにすっかり好物になってしまった。

先日バンコクでカレーライスを食べていたジョンに

「カレーに納豆を入れた納豆カレーは絶品なんだぜ」

と重大な秘密を打ち明けてあげると、もう興奮で仕事が手につかなくなってしまった。

「Junさん、カレーはライスか? うどんでもいいのか?」

と聞いてきたので、これもこっそり秘密を教えるように

「うどんでもい・い・よ」

と囁いてやる。

オイラも「納豆◯◯」を増やしたくなって

家にあったマルちゃん正麺豚骨に納豆を載せてみた。

うっめ〜!死ぬかと思った。

.

今日はKLのランチで久しぶりにメンバーが揃ったので、タマンデサの讃岐うどん屋で納豆カレーうどんを注文した。

なぜか店にはそういうメニューがなかったので、一生懸命説明して、店員達に笑われながら実現させた。

ジョンもベロニカも気絶していた。

これから納豆カレーうどんをレギュラーメニューとして讃岐うどん屋に入れてもらう交渉をする。

本日のリンク元 | 133 |

2017年07月16日(Sun) 義母の涙

最近、義母の姉妹が亡くなり、ここ毎日義母が泣いているので少し励まさんとあかん、と義姉からカミさんのところに連絡が来ていた。

そこで今朝、カミさんと春貴とウォーキングに出た際にスマホの画面で日本とバンコクを繋いでみた。

「あらぁ、ハルちゃん、おはよう〜」

と喜んで手を振る義母に

「オオバーバ、泣かないでね」

と春貴が手を振った途端に義母は泣き出してしまった。

ひ孫にこんなかわいい励ましを受けたらそら泣くわな。

まあ、でも少しは気持ちが明るくなっただろう。

さて、明朝から10日間のKL出張。

日系家電メーカーと日系化粧品メーカーへのプレゼン。

まだまだ2017年中盤、攻め続けるよ。

本日のリンク元 | 164 | 1 | 1 |

2017年07月15日(Sat) 日本化計画

昨日は打ち上げを兼ねて会社のはす向かいにある「なぎや」で大ジョッキ生ビール。

店内を見回して気づいたのが、

オフィスで働くタイ人女性の「一人飲み」がずいぶん増えたこと。

タイでも仕事に疲れた女性が一人カウンターで生ビールをプハーッする文化が生まれてきたのか。

タイは男が圧倒的にだらしがないからな、女はいろいろ大変なんだよ。

会社の周りには「しゃかりき432」「なぎや」「剣心」「夢路」「花子」「写楽」・・・と日本人の経営する居酒屋がたくさんあってどこもタイ人客で埋まっている。

我々日本人も仕事帰りに当たり前に美味しい刺身や焼き鳥でビールや地酒を飲むことができる。

タイ人の日本食人気が高じてバンコクの新橋化がどんどん進んでいる。

屋台がどんどん撤去されていくのが寂しいけどな。

本日のリンク元 | 84 |

2017年07月14日(Fri) 頑張れ58歳

各国からの出張者たちとの集中作業週間もやっと金曜日。

毎晩もれなく飲み会がついてくるので、体もかなり疲労してる。

それも今晩で終わるので、週末は少し体を休めて、来週からのKL出張に備えたい。

オイラが自分でも楽だな、幸運だな、と思うことの一つに寝付きの良さがある。

ベッドの上に横たわった途端に意識が薄れてきて、全身麻酔をかけられたように朝5時半頃まで起きることがない。

睡眠時間は平均7時間で、体力回復に必要な休息がとれていると思う。

しかし、それでもちょっと残念なのは、みんなと飯を食って飲んで夜10時過ぎくらいにお開きになった後、二次会で行くゴーゴーバーやバービアに同行する気力体力が湧いてこないことだ。

「家に帰ってチョコレート食べて寝たい」

が、

「ビール片手にゴーゴーガールや綺麗なレディボーイと盛り上がろう」

という欲求に優先してしまうのだ。

これはもう男として終わっているだろう。

チョコレート食べて寝ちまうのは93歳のばあちゃんのすることだ。

深夜のバンコクのネオン街でゴーゴーガールの腰に手を回してガハハハハハハと高笑いをしているのが58歳の働き盛りの男のすることなのだ。

と、力強く拳を握りながら8月1日に人間ドックの予約を入れ、今宵も枕を涙で濡らしながら気絶するように眠るのだ。

本日のリンク元 | 84 | 2 |

過去のひと言
2017年
7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


Modified by JalanJalan時差
Modified by JalanJalanRSSとATOMフォーマット
(No./)