山森 淳(Jun Yamamori
生年月日 1959年7月4日 (57才) 趣味 写真
生まれ/育ち 香港(3才迄)/東京 杉並(西荻窪) ーツ 水泳(浜名湾流古式泳法、平泳ぎ)、テニス、スキー
ロードバイク、KLソフトボールリーグ ”JalanJalan”監督
家族 妻、一男、一女 マレーシア歴
/ タイ歴
在27年目 / 在17年目
Twitter "@YamamoriJun" Facebook "Jun Yamamori"



★☆ 今日のひと言 ☆★

2017年03月23日(Thu) 大人の会話

中学時代や高校時代に一緒にバカばっかりやってた連中がクラス会開こうなんてことになり、FBなんかでメッセージが来るんだけどさ、呼び方が「Junさん」だったり、ひたすら敬語だったりするんだよね。

気持ち悪いよ〜。

やっぱり学生時代にどんなに親しくてもそれが礼儀なんだろうか?世の中的には。

FBやLINEでそんなジジババがグループ作ったりするんだけど、オイラだけ相手を呼び捨てだし、全部タメ語だし、なんか貴族の中に一人無法者が混ざってる会話履歴で嫌なんだけど(笑)。

あとさ、クラス会の会場ってホテルだったりするんだよね。

学校のそばや地元の居酒屋とかの方がきっと昔の話にざっくばらんに花が咲くと思うんだけどやっぱりそれがフツーなんだろうか?世の中的には。

大人になるってそゆこと?

本日のリンク元 | 49 |

2017年03月20日(Mon) 面接週間!

結果待ちだったコンペが一件あったんだけど、

さっき朗報が届いたよ。

優秀なウチのスタッフたちに感謝。ありがとう。

さてそうなると、本格的に日本人スタッフ採用のピッチを上げないとあかんよ。

明日は3人、明後日1人、面接が入っているのだけどいい人が来るといいなぁ。

今から10〜15年前にはマレーシアやタイでもそれぞれ3人くらいずつ日本人スタッフがいたんだけど当時のサラリーは、RM3,000とか30,000バーツとかそんな相場だったからねぇ。今はその2〜3倍だからねぇ。

それでいてクライアントに払ってもらえるお金はそんなに値上がりしてないわけだから、どこも大変だよ。

とらやの裏の印刷工場だよ。

本日のリンク元 | 249 | 2 | 1 |

2017年03月19日(Sun) スクムビットは各国料理のメッカ

昨日はインド駐在からバンコク駐在に復帰したケージとクイーンシリキットの自転車フェアへ。

とりあえず、ケージのヘルメットとグローブを購入し、次回の試し乗りの準備。

ケージは、かるた、サルサ、テニス、ギター、日泰近現代史研究、遺跡回り、ワイン同好会・・・と趣味が多いのでこの上自転車に乗るとなると時間があるのかどうか、ちょっと心許ないが買っちゃったんだからしょうがない。

その後そのままケージと一緒にバンコク美味しい会に初参加。

幹事の雷蔵くんが選んだバンコクの美味しいお店で月に一度参加したい人が参加するという緩い食事会。

なんと今回で98回目の開催ということだった。

もう8年以上も毎月どこかで食べ続きて来たんだな。

昨日はスクムビットソイ18のスウェーデン料理屋。

昔、レンタカーでデンマーク、スウェーデンの古城回りをしたなぁ、と思い出しながら食べた。

美味しかった。「美味しい会」だもんな。

また食べに来てみよう。

本日のリンク元 | 73 |

2017年03月17日(Fri) 何でもやるヤツ

今日取引先の日本人と昼飯を食っている時に

「Junさん、マレーシアでカブトムシを採りに行きたいんですけど、どこで採れるか知ってますか?」

と訊かれた。

うーん、もちろんオイラはそういう趣味がないので答えることができないんだけど、こういう普通の人がわからないようなことはたいがいまさやんに訊けばわかる。

趣味の幅が広いので、彼のことだからきっとマレーシアのジャングルで虫採りくらいのことはやってるだろうと思って、まさやんに訊いてみた。

.

.

.

.

やっぱりやってた。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

突> まさ [また古い写真を(笑)]

突> Jun [>まさ 若いね、これ(笑)。]

本日のリンク元 | 200 | 2 |

2017年03月15日(Wed) アジアの消費者

今日はオフィスの下のCIMBに個人口座を開きに行った。

顔見知りの接客係が

「You are my friend. あんたはそこで座ってろ、オレが全部代わりに書いてあげるから。もう埋めるところがたくさんあって大変だから」

と全部やってくれた。

先日カミさんが成田でスマホ用のSIMを購入して設定を手伝ってもらおうと頼んだら

「規則でできない」

と何を聞いても「できない」の一点張りだったという話と比べるとずいぶん違うのだ。

SIMカードなんかどこでも店員が設定してくれるのが当たり前だけど、日本はやらないんだね。

だけどそれを作ったのは他でもない日本の消費者自身なんだろう。

企業がモンスターから自分の身を守るために。

.

一方、こちらは「全部書いてやる」と言ってくれたのはいいものの、

そばを通る全てのお客に「ハイ!タンスリ!調子はどう!」と声をかけるので、遅々として進まない。

でも、オイラは日本の消費者じゃないから全然平気。

.

ようやく埋め終わった2枚の申請書類をしばらく眺めてから

「なんだこれ、古い申請書じゃないか!」

と独り言を言いながらビリビリ破き始めたってまだまだ全然大丈夫。

.

新しい申請書を最初から書きながら

「日本はすごいよねぇ。この間友人が日本に旅行に行ったら大きなビル全部がユニクロだったって」

日本旅行で驚くポイントがそこかよ、と思ったけどそんなツッコミは入れない。

「私はこのシャツもこのズボンもユニクロなんだ」

「へー、そうなんだ」

「ほら、あのカウンターの連中見てみ。彼らの着ているのも全部ユニクロなんだよ!」

だからと言ってオイラがありがとうって話じゃないしね。

「昔はHONDA、SUZUKIって言われたけど、今はユニクロなんだなー」

なんていう感慨も湧いちゃこないよね。

.

「ねぇ、マイフレンド、保険入ってる? うちの銀行の保険にも入りなよ、毎月RM200口座引き落としだけだから。それでなんでもカバーされるよ」

と途中から手を止めて保険勧誘員に化けてもオイラは日本の消費者じゃないからへっちゃらなのさ。

「へー、医療費とか入院費とかいくらまでカバーするの?」

なんて返してあげちゃう余裕すらあるからね。

「んー、それはよく知らないから、後で教えるから今日サインだけしてくれないか?」

「今?」

「今、サインしてくれると私のところに『何がしか』が入るんだよ、お願いだよ」

日本の銀行員は絶対こんなこと言わないだろうなー、と思いながらも

「わかった、わかった、ちょっと考えさせてよ」

といなす。

ようやく申請書類が揃うのに30分。

ま、まあ良しとしよう。

.

それからカウンターに行き、口座開設の手続きを依頼する。

申請書の記載事項をPCに打ち込みながら、担当の女性が

「会社の業務内容はなんですか?」

と聞くのでデジタルマーケティングみたいな、と答えるとそれは選択リストにないので他にはないか、と言う。

「うーん、じゃあITは? ないの? じゃあ広告。それもダメ? ソフトウェアは?」

と、とにかくオイラの会社の業務内容が登録リストにないためにそこから先に進めないらしい。

同僚やら上司やら5、6人が彼女の周りに集まってきて、喧々諤々し始めた。

「えー、そんなもんなんでも近いものでいいやん」

とオイラは言うのだが、そこはどーしても譲れないらしい。

最初っから商社とでも言っておけばよかった(涙)。

結局、リストにない業種を新たに申請するための申請用紙が出てきた。

ひぇ〜、またこんな申請書書かんといかんの〜と思ったけど、なんたってオイラは日本の消費者じゃないからハイハイ、ここに名前でここに電話ですね、とにこやかに応対しちゃうのだ。

.

再び入力業務に戻った女性銀行員が

「お客様、ウチのクレジットカードは作りませんか? 今なら年会費も無料なんですよ」

と始まった。

「でもタイでカード持ってるから」

「マレーシアではマレーシアのカードじゃないとぉ」

うわ、ダッサ、みたいなリアクションをされたけど、オイラはまだまだ辛抱して(←辛抱って言っちゃってるやん)

「じゃあ、それは一旦考えるよ」

「今日はダメですか?」

こいつも今日加入させると「何がしか」が入るんだな、と思ったけど黙っていた。

.

登録完了した証明書を持って今度はATMカード発行カウンターへ行く。

ここのおばちゃんは一体何を勧誘してくるのだろうと身構えていたが何もなかったのでちょっと寂しかった。

ATMマシンでPINナンバーの登録作業などを終えて、みんなに見送られて銀行を出た。

他の客対応での待ち時間はゼロだったのに開設作業に1時間20分かかった。

でも、全然平気。泣いたりするもんか。

本日のリンク元 | 146 | 2 |

過去のひと言
2017年
3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


Modified by JalanJalan時差
Modified by JalanJalanRSSとATOMフォーマット
(No./)